0.25㎜チップのハンドリング

はじめまして、品質保証部のたまごです。

今年で入社3年目となりました。

技術者?に入るか微妙なところですが、ブログに参加することになりました。

よろしくお願いいたします!

 

最初に何の記事を書こうか迷ったのですが…今仕事でかかわっている、

セラミックコンデンサについて書こうと思います。

 

セラミックコンデンサに関わるようになり、今でもすごいなあと思っているのは、

チップの小ささと、その取扱い(ハンドリング)です。

 

弊社のセラミックコンデンサ製品のなかで、

0.25mmのサイズの製品があります。今、これが最も小さいデザインです。

(2016年10月現在)

 

このサイズは、調べてみると、だいたいゾウリムシと同じくらいらしいとのこと!

(ゾウリムシは200~300ミクロンくらい)

 

シャーペンの芯と比べると、このくらい。

 

Image(1)-1

 

そして、フィリピン工場の人たちは、これをピンセットでつかんで、

トレーに詰めたりひっくり返したりしているらしい…!?ときいてびっくり。

 

私も不良品解析のために、自分でチップをつかんで観察したりもするのですが…

いつも静電気でこうなります。

 

Image(1)-2

 

そして、振り落すためにピンセットを動かしたり、トレーに押し付けたりしているうちに、

いつの間にか彼ら(チップ)は居なくなっているのです…。

 

床に落ちた0.25mmのチップを、床を這って探すのは、もはや修行に近いです。

先輩社員さんたちが、落ちたチップを泣く泣くあきらめる姿も何度か目撃しました…。

 

そんな苦労もありますが、電子部品の小型化が進む中、小さいセラミックコンデンサは必須です。

お客様のためにも、これからも地道にピンセット技術を磨いていきたいと思います!

 

品質保証部 たまご

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)