硫酸つかった、薬品デモの話。

 

はじめまして。クリーンルーム女学院(第5技術グループ)の杏音です。

入社2年目、カナダ人のエンジニアです。

 

何故、女学院かというと…私たち部門(側にクリーンルーム内)には、女性、そして若手が多く配属されているからです。(笑)

 

ご存じの方も多いかと思いますが、半導体業界では色々な危険な薬品が使われています。

そんな危険な薬品を多く取り扱うクリーンルーム女学院へ、2016年4月、新入社員の2人が入学(配属)してきました。

薬品が沢山使われているこのクリーンルーム女学院で事件、事故が起こらないように、「薬品の安全な扱い方」 という講習を私、杏音が行っています。

 

ということで、ブログ初回の今回は、私杏音より、ブログ読者の皆様のために、薬品の取り扱いについて1から10までレクチャーをさせていただきます!!

.

.

.

なーんてね!そんなつまらないことをブログには書かないよ!(笑)

(薬品はいつも安全に扱いましょう)

ですが少しだけ、薬品の危険性についてお話したいと思います。


危険な薬品を安全に使うのには、細かいところまで注意しなければならないのです。

たまに 「あ、面倒くさい」とか、「本当にそこまでやらないとダメ?」とか思ってしまう。

そして気づいたら、酸が手についてしまった。痛い。

 

そういう事故が起こらないように、「もし零しちゃったら?」ということを調べてみたいと思って、

ちょっとデモとして濃硫酸(H2SO4 97%)を雑巾にかけてみました。こんな感じになりました↓

 

濃硫酸

 

 

数分後、酸をかけた所が完全に焦げて、崩れ去ってしまった!

これを見ると少し怖いかもしれませんが、防具を使って、安全に使用すれば大丈夫です。

そして「面倒くさい」という文句を言いたいときは、このボロボロになった可哀そうな雑巾を思い出して下さい。きっと防具を身に着けよう!と思いなおして下さるはずです。


こういった薬品デモをやったことがありますか?やりたいですか?

是非コメントしてください!

 

クリーンルーム女学院     杏音

2 Responses to “ 硫酸つかった、薬品デモの話。 ”

  1. 私はまだ学生ですが、ピラニア溶液がキムタオルに少しついてしまった時一拍おいてすごい勢いで焦げるわ煙出るわ変な匂いするわでかなりびっくりしたことがあります。。。

    どう危ないか安全を確保した状態できちんと見ておけば気をつけるようになるだけでなく、何かあったときパニックになりにくくなるので新人向けにこういうデモはやっておいて損はないかなと思います。

    • コメントありがとうございます。

      仰る通りだと思います☺
      ケガなくて本当に良かったです!!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)