カタログに凄いタップが載っていた!一体何を掘るのだろうか。

ホモ

 

カタログに凄いタップが載っていた!

一体何を掘るのだろうか。

 

という冗談はさておき、

金属加工技術というと切削などが思い浮かぶが、それだけではない。

金属加工に使用する工具にもいろいろな技術が詰まっている。

 

工具メーカーの回し者ではないが、説明しよう。

 

ホモ処理というのは、焼入・焼戻をした高速度工具鋼(SKH材)に対して使用される。

350~370℃で予熱後、500℃前後で30~60分加熱し、黒錆の皮膜を作る。

密着性が良く多孔質であるため油浸した後で使用すると、保油性を持つ。

耐食、対摩耗性を向上させ、溶着性を防止させる。

膜厚が10μm以下で精度が高い。

 

TAKA

One Response to “ カタログに凄いタップが載っていた!一体何を掘るのだろうか。 ”

  1. すごく面白い記事ですね!!
    感動しました!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)