日本の当たり前は通用しなかった。フィリピンと日本の違い~気候編~

春夏秋冬の四季がある日本と違い、フィリピンは南国。

大きく分けて雨季と乾季の2つしかなく、年間平均気温は26.5℃と温暖だ。

雨季には、スコールが多く一時的にザッと降る事が多い。

 

雨が降ると、水はけが悪いフィリピンでは道路が湖になる。

あ

即渋滞。いつもは、15分で行ける会社も3時間かかったりする。

 

しかし、現地の子供たちは大はしゃぎ。

い

プールかのように泳いだり、雨水を掛け合ったりして遊んでいる。

 

オマケに、雨が続くとハエが大量発生。

黒い点は全部ハエです。

最近のマイブーム(ウソです)はスリッパひと叩きで何匹退治できるのか。

最高は4匹でした。

IMG_1074

 

さて、仕事の話をしよう。

ミクロン単位の加工をする弊社は、温湿度の恒久管理が非常に重要。

プロゴルファーが温度の高い国でプレーする時は、硬いシャフトに交換するらしい。

暑さでシャフトが柔かくなり、弾道や飛距離、スピン量が変化するからだ。

 

温湿度管理をしていても、そのバラつきを抑える事だけで一定にする事は出来ない。

また、加工するワークの大きさや材質によっても熱膨張(温度により材料が伸び縮みすること)が発生する。

それらは、日本での加工ノウハウがそのまま生かされない事が多い。

 

その国、その状況にいかに適応していくか。

顧客の要望にいかに応えられるか。

さらには、いかに顧客の要望を把握し、さらなる提案できるか。

言われたことが出来るのは、もはや当たり前の時代。

コスト低減、品質(技術)向上、納期短縮。

 

決まり事や習慣、常識に囚われない様にするのは、難しい。

ただ、フィリピンの子供たちは雨をまるでプールに行ったのかのように楽しんでいる。

 

金属加工業、生き残りを賭けた戦いは静かに始まっている。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)