エアブリッジ製作は至難の業。何故こんなに大変なものをわざわざつくるのだろうか。

こんにちは☀yonaです!

 

みなさん、エアブリッジって知っていますか??

分からない方は、「エアブリッジ 回路基板」でネットで調べてください。笑

 

「エアブリッジ」という名前。直訳すると「空気の橋」ですね。

回路基板の中に、橋を渡して、金属の配線をまたがせる、というイメージです。

SEMで見るとこんなかんじ。

 

Airbridge

Airbridge 2

 

まだ、開発段階ではあるのですが、Gapが3.5umのエアブリッジ。

 

エアブリッジは、エアブローをすると、吹っ飛ぶ。そーっと…エアブローをしても、吹っ飛ぶ。

どうしたら吹っ飛ばないかは…わからない。笑

それだけ、脆い配線だということです。基板に密着しているわけではない為、脆いのは仕方ない。

 

ただ、なんでエアブリッジなんてものを作るんだろう。

だって、作るの大変なんだよ?!こんな大変なのに、わざわざ作る必要があるのか。

 

弊社には、電気に詳しい方々が沢山います。…なので、聞いてみた。

「なんでエアブリッジなんて作るんですか?」

私にとっては、素朴な疑問。返ってきた答えは

「え、難しい質問だね。んー考えたこともなかった。」

…ん??考えたことないのに作ったのかーーーーー!笑

 

…先輩方から頂いた答えは、

配線に使用するリボンや金ワイヤーをする手間を省くために作ったのではないか、ということでした。

 

たしかに、50umとかの距離にワイヤーつけるとか至難の業だもんな。

私も、苦手です。ワイヤーボンディング。笑

 

でも、きっと、これ以外にも答えがあるはずとのことでした。

こちら以外の答えの方がいらしたら、ぜひとも私にご教示ください。

 

yona.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)