この世で最も愛される実験用品とは [基礎編]

ビーカー、ピンセット、顕微鏡、ノギス、関数電卓…

世に実験用品は綺羅星の如く数多有るなれど、最も人々に愛される実験用品は何で

あろうか。小生、こと実験屋においてそれはキムワイプであると、ここに断言

する。画面の前で固く頷く賢明なる諸兄姉には、もはやこの真理をわざわざ文字に

起こし説明するのも馬鹿馬鹿しい限りだが、世にはキムワイプを知らぬ奇特な諸氏

がいる様子。ならば小生、幾千幾万の言葉にて、その魅力を余すことなく語り尽くす

所存であるが、残念ながらフェルマー氏同様、小生にはその余白が許されていない

ため、ここは簡潔かつ明瞭に語らせて頂こう。

 

DSC_00052

 

まずキムワイプとは何か。答えは、日本製紙クレシア()より販売されている紙製

ワイパーである。似て非なる存在としてティッシュペーパーが挙げられるが、ここで

キムワイプに対して無知なる諸氏に最大限警戒して頂きたいのは、一部キムワイプ

信者(各宗派に関しては次回「応用編」にて説明)に「それってティッシュでしょ?」

と言う事は、広島県民に対して、広島風お好み焼きを広島焼きと言うに等しい暴挙

だということである。その際、刃傷沙汰になっても小生は一切関知しないため是非

ともご承知おき頂きたい。

 

そも俗なティッシュとの最大の相違点は、その毛羽立ちの少なさと、ふき取り後の

繊維が目立たない点である。よってキムワイプは通常、実験用品の汚れのふき

取り用として主に使用される。さて、そんな単純明快なキムワイプだが、そこには

無限の魅力が込められている。だが、小生がその魅力を敢えて絞るならば、

それは「デザイン」と「万能性」であろう。

まずデザインだが、キムワイプの外装は黄緑、緑、白の3色によって構成された

シンプルかつ洗練されたデザインとなっている。箱表面に映える緑の虹、側面には

美しい3色ストライプとロゴマーク、裏面にはキモいマスコット(現在は廃止されてい

る模様)と実に魅力的で、この魅力に取り憑かれた者はこの3色カラーで構成された

物を全てキムワイプと認識するようになる。人身の認識をも歪めるこの力はもはや

魔力と呼んで差支えないだろう。

次に万能性だが、汚れふき用としてこの世に降臨したキムワイプであるが、その応用

方法に関しては枚挙に暇がない。観賞用しての機能は勿論のこと、時に通貨、時に

食用、時にスポーツ競技として機能するキムワイプの可能性(詳細は次回「応用編」に

て記載)は無限であり、もはやキムワイプに不可能な事などあるのだろうか、

いやない(反語法)、といった有様である。

 

以上、キムワイプの魅力を小生の可能な限り最小に纏めたが、その魅力の一端でも

伝われば幸いである。これ程の魅力溢れる実験用品は、後にも先にもキムワイプただ

1つと小生は確信しているが、その魅力の高さ故、中毒性が高く、狂気に取り憑かれ

た者達が後を絶たない事も周知の事実である。キムワイプ初心者はその点に十分

留意し、充実したキムワイプライフを送ることを切に願う。

 

(続)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)