YAG溶接で重要な溶接深さの確認方法「クロスセクション」の後の飯は旨い。。

今日はYAG溶接についてです。

私の所属している受託生産部門では、光通信用デバイスの組立を行っています。

組立工程の中にYAG溶接工程があります。

YAG溶接工程ではCANとReceptacleを溶接する工程です。

この溶接の際に重要なのが、溶接深さです。

でも、溶接した深さをどうやって見るんですか?

そうなりますよね。。

溶接跡を半分に研磨するんです。自力で。。

でも、そもそも溶接跡のサイズってどれくらいなの?

だいたい、光デバイスのサイズが縦15mmの横幅5.6mm位の筒型です。

なので、溶接跡って直径、溶け込み深さ共にターゲット0.5mm位です。

溶接跡の表面の魚の目みたいな中心を目掛けてグラインダーで削ってかなくちゃいけないんですよ。。これ、通称クロスセクションっていうんですけれども、

デバイスが小さいのでエポキシ樹脂で固めて、手で持つ部分を量増ししてあげます。

平衡に削らないといけないんですけど、これがまた難しい。。

失敗作が左、成功が右の写真です。何が違いか分かりますか?無題

YAG溶接はスポット溶接ですので、溶接跡は円錐型になるはずです。

なので、丸みを帯びていたら削り過ぎ、もしくはもう少し削らなければなりません。

精度とかは無いですが、先端が尖っているのか尖っていないのかが判断材料です。

もし、左の写真の様に丸みを帯びてたらやり直し。。

でも、これとっても大事なデータなんです。

なので、最悪夜中に黙々とやることも。。

ただ、夜中に評価が終わった後のラーメンは格別なんですけどね。笑

将軍

・大学-大学院 →反応性真空蒸着法の研究 ・社会人(1-5年目) →光デバイスの組立エンジニア(接合技術) ・社会人(5年目-今) →半導体工程のエンジニア フィリピン 約2-3年 → 中国 約1年と 殆ど海外生活を送っておりました。 現在は、SLCのカスタム品、材料開発等行っています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)