NASA基板製作での大失態。私のミスで諸先輩方の土日出勤が確定したお話。

こんにちはyonaです!

 

以前のブログでNASAの図面の話をしたので、NASA繋がりのお話を。

(よかったら、リンクで飛んでください♪)

 

NASAの基板は、取れ数がとても少ない製品です。(1つのサイズが大きい)

2inch□の基板から取れるチップの数は1つ。

つまり受注が10枚来たら最低でも10枚製作することになります。

 

《通常》

図4

 

通常、ひとつの基板に複数製作し、切り分けます。

リレーのようにそれぞれが工程別に担当し製作していますが、

誰かの工程で少しNG箇所があっても、後工程に回してしまい最終の検査ではねるのがお決まり。

 

 

《NASA》

図3

 

しかし、NASAの基板は1基板から1つしか取れません。

それぞれの工程で1箇所でもNGがあると、その工程でReworkまたはNGになってしまうのです。

(Rework=品質不良となった製品に後で手を加え、不良部分を交換・補修し、良品にする工程)

 

 

つまり、NASAの基板製作での歩留まりは、

0か100か。だったのです。

 

 

 

私が担当しているのは、ほぼ最終工程のエッチング。

そして、私の工程は、、、reworkがきかない。

 

つまり、私がミスをすると、NG…になってしまうのです。

 

あと1枚良品だしたら完成!というとき…わたしは、やってしまった。

やらかした。

 

失敗した

(こんな心境でした 笑)

 

設定時間をミスしてしまったのです!!

 

目視で確認しただけでも分かる、NG。

…ラボ全体に響き渡る、私の謝罪の声。

 

そう、この1枚が完成しなかったら、皆様の土日出勤確定という、大事な1枚だったのです。

私のせいで、諸先輩方の大事なお休みを、奪ってしまったのです。

 

私は大泣き…(泣)。部署内は呆然…(呆)

 

そんなときもあるよ!と先輩方に励まされ「よし次だ!」と、作業に戻る先輩方を見て

いつか自分に後輩ができたときも

仕方ない、よし次頑張ろう!と、すぐ切り替えられる先輩になりたいと思った私でした。

 

完成したNASAがこちら。

NASA

私がミスしなければ!と思う一方で、苦労した製品が出荷できた喜びもありました。

 

yona.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)