薄膜作製工程立ち上げについて

フィリピンの朝は早い。
どうも僕です。

 

最近薄膜作製から評価を行っています。
薄膜工程の立ち上げをしなくてはなりません。

しかし、薄膜は下の層に大きく影響します。
所謂、配向性と言うやつですね。
結晶には、ミラー指数という面を示す値があります。
ミラー指数は、結晶の格子中における結晶面や方向を記述する指数です。

この指数方向に沿って薄膜作製時に結晶が成長していきます。

ここまでは、学生の時に勉強したことあるのだけどその先が分らないんですよね。。

どうやったら、膜質変えたりできるのだろうかとか。。
悩んでますね。。

とりあえず、文献探して実験して確認するしかないのだけれども。
学生の時にもっと勉強しておけばよかったとかそう思う今日この頃ですね。。

とりあえず手を動かす。それが意外と近道なのかも?
たまには勉強しろって?
そうします。

将軍

・大学-大学院 →反応性真空蒸着法の研究 ・社会人(1-5年目) →光デバイスの組立エンジニア(接合技術) ・社会人(5年目-今) →半導体工程のエンジニア フィリピン 約2-3年 → 中国 約1年と 殆ど海外生活を送っておりました。 現在は、SLCのカスタム品、材料開発等行っています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)