Googleマップでも見られると噂のオーロラ その発生原理とは?

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ花粉の季節が近づき、私の花粉センサーも徐々に反応し始めています。。

 

そんなこれからの季節3~4月。

実はオーロラが観察されやすい季節なんです。

 

少し前に、こんな記事がありました。

美しすぎるオーロラがこっそりGoogleマップで見られたと話題に

旅行に行かなくても、Googleマップで見られる!とのことですが、

死ぬ前に一度生で見てみたいなと思い、計画中です。

 

今日はそんなオーロラについて、少しお話したいと思います。

 

 

【そもそも…オーロラってなに?】

 

オーロラは、太陽からでた「プラズマ」がもとになって、つくられる光です。

プラズマって、あまり聞きなれないですよね。

 

 

「プラズマとは?」

物に電気を流したり、熱を加えたりすると、物質にはエネルギーがたまります(これを「高いエネルギー状態」といいます)。さらに電気や熱を加えて高いエネルギー状態になると、物質は電子と陽イオンに分かれます。この「電子」と「陽イオン」を含む気体が「プラズマ」です。

 

太陽からは、「太陽風」とよばれるプラズマが地球に流れてきます。

(太陽から出てくるので、非常に高温なプラズマです。)

太陽からでてきたプラズマが、地球上の空気(窒素や酸素)にぶつかると、今度はぶつかった窒素や酸素にエネルギーがたまります。

エネルギーがたまった窒素や酸素は、もとの状態に戻ろうとするのですが、この時光を発します。これが、オーロラです。

 

オーロラは、太陽からでてきたプラズマと空気が衝突した場所(高度)や空気の成分などによって、色が変わります。

 

 

このように身近なところや自然界、宇宙にも存在するプラズマですが、

近い将来?テクダイヤの技術に関わってくるのです^^

(まだまだ研究段階ですが…)

また少しずつ、プラズマのお話をしていこうと思います。

 

さき

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)