電車の中に放つ異臭の元凶

こんにちは☀︎ yona.です!

 

3年目の私は、クリーンルームにもイエロールームにも慣れたものですが、

やはり配属当初は戸惑うことも多くありました。

 

私の部署では配属された後、適性を見る為にすべての工程で1週間の研修を行います。

その研修の1週目に当たった工程が、露光工程でした。

レジスト塗布から始まり、剥離工程まで。

 

今となっては、イエロールームに長時間いても、目がチカチカする(*_*)

なんてことは、ないんですが…

30分いただけでも…なんだか、イエロールームを出るとチカチカしてしまい、

1週間、ちょっと苦しかったのを覚えています。(笑)

 

実際に手を動かして研修させていただきましたが…

何を隠そう、文系女子の私には、

…露光?何それ?美味しいの?☺…というレベル。

 

研修で説明頂いたことは、3割程度しかわからなかったな~。

(先輩、無知でごめんなさい)

シリンジを使うのは初めてで、楽しかったな~。

 

今では慣れてしまって、新鮮味が失われてしまったものが多くありますが、

目に見るもの全てが新鮮だったのを覚えています。

 

 

先輩に手取り足取り学びながら露光の研修をして、研修も終盤に差し掛かった日の帰りのこと…

 

あれ?なんか電車、薬品くさいなー…

yakuhinn

 

薬品の中でも、私の中の薬品臭いランキングで堂々の2位の薬品のにおいが。

…隣のおじさん、におってるよ~~~~~!!!!((+_+))

なんて思ってたのですが、隣がお兄さんに代わっても、お姉さんに代わっても…におう。

 

ん…???

これは…わたしだ…!!!

 

においって、染み付くと取れないんですよね…

本社の工場には、1度手についてしまったら暫くにおいが取れない薬品があるのです!!

 

剥離中についてしまったのでしょう…わたしの手はその後丸1日、薬品臭を放っていました。笑

 

今となっては、そんなことはありませんが、あの日の衝撃は忘れられません。

隣に座った皆さん。疑ってしまって、ごめんなさい。(反省)

 

 

yona.

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)