社会人を丸3年やった今、3年間を振り返り反省するお話

こんにちは☀︎yonaです!

 

2017年、3月になりました。

とうとう、私が就職して丸3年が経過しようとしています。4月からは4年目の社員。

3年という月日を、しっかり振り返る機会もないので、ブログを活用しようと思います。

 


 

大学で、哲学を専攻していた私が、技術部に配属されて、早3年。

まだ、配属されたときのの衝撃は、結構なものだった。笑

 

3年前、「3年後の私」をイメージしたプレゼンをして、

同期全員で、「甘ったれんな!」と社長に怒られたのは、昨日のことのように、思い出せる。

 

今、思い返すと、そのプレゼンはただの理想論で、黒歴史。

私が、今、そのプレゼン資料を見ても…「甘ったれんな!」と思う。

 

実際に、その理想論が書かれたプレゼンを見せることはできないけど、

研修で学んだことページはこれ。笑

無題

 

就活の時によく聞いた

「会社に入ったら3年は頑張れ」

「最初の3年間で、社会人としての価値観が形成される」

 

3年がたった今、私は一概に、3年間続けろとは言い切れないし、

超ブラック企業だったり、自分には本当に合わない!と、やめる人もいるだろう。

 

だけど、私にとっての3年間を一言で言い表すなら

 

「必死」「怒涛」「ガムシャラ」

 

3年経ったら1人前になれると思っていた、入社当時・・・

だけど、3年たった私が「1人前」と呼ばれるには、まだまだ不十分。

 

1年目は、工程や薬品、検査器具やCADの使い方等を覚えるので、精一杯だった。

2年目は、量産準備の工程移管、研修に生産に図面製作と、目まぐるしく過ごした。

3年目は、生産管理や教育、実験。営業部と技術部の間に入っての仕事が増えた。

 

3年という月日は、私にとっては短かったように感じる。

丸3年が経過して、やっと、少しずつ1人でできることが増えただけ。

 

自分が、3年前に思い描いていた、社会人3年目は、もっと…もっと一人前だと思っていた。

言葉に表すのは難しいけれど、思い描いていた3年目と、3年経った今は、かけ離れている。

 

ただ、3年頑張ったことで、見えてきたものはある。

「自分が今後、どうキャリアを積んでいきたいのか」

「今、自分が会社のためにできることは何か」

 

3年経てば、少し冷静になって自分がどうしたいか少しだけ見えてくる。

だから…3年なのかな~?と思う。

 


 

私は、運がいいことに、HCT(hybrid ceramic technology)を製作している、

第五技術グループの立上げ初期から携わらせていただいている。

配属当初7人だった部署も、今じゃ20人だ。

 

まだ、製品の出荷もままならなかった3年前。

当初を思い出すと、感慨深い。いろんなことがあった。

思い出すと、このチワワさんのように…なる。笑

tdog17030736_TP_V

 

思い出すと、比較的辛かった思い出が多いように思う。

風当りの強い時期だって、多かった。笑

今だから笑っていられるけど、正直言ってボロボロの時期もあった。

 

第五技術グループの成長とともに、私の成長があるなんて言ったら…

他のメンバーに怒られそうだけれど、HCTがあってこそ今の私だと思う。

 

5年、10年となったときに、HCTは世界にどんな影響を与えているだろう。

私はどんな形で、HCTに携わっているのだろう。

 

一人で歩けるようになるのは、まだもう少しかかりそうだけれど、

これからも、一歩一歩、しっかりと、着実に踏み進めていきたいと思う。

 

 

3年離職率0%を達成したので、

社長…ご飯連れて行ってくれないかな~と思っている。

 

ちょっと長いブログでした。

 

yona.

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)