【女性エンジニア】テクダイヤ技術部のちょっと変わった仕事内容とは

皆さんが想像する【技術部の仕事】とは、どのようなイメージですか?

 

・機器を操作する

・データを解析する

・製品を作る

・PCで設計

…など、内容やプロジェクトによって、いろいろなお仕事があるかと思います。

 

ほんの一例にすぎませんが、ちょっと変わった(?)私の仕事を紹介します。

 

私は、技術部に配属されて丸4年が経ちますが、

現在は、金属の表面処理開発のお仕事に携わっています。

 

技術部というと、「スペシャリストになる」「専門家になる」

といったように、『一つの分野を極める』といった目標が、一般的かと思います。

 

…ですが、私の仕事は「専門家」になることではありません。

 

【専門家とは?】

例えば、金属加工のスペシャリスト。

テクダイヤにも、金属加工やダイヤモンドを削る職人さんがいます。

いわゆる「専門家」です。

金属加工やダイヤモンドに関して質問すると、これまでの経験から

8割は加工条件等、的確にご教示してくださいます。

 

はじめは、私も「専門家」を目指していました。

ただ入社3年目のとき、

「私は、いつになったら、加工職人になれるんだろう…」

「これから先10年、20年後、自動化が進んでいったとき、加工職人として生きていけるのだろうか…」

という壁にぶつかったのです。

 

確かに基礎を学ぶことは重要。

基礎が無ければ、そこからアイディアを出すことはできません。

ただ、私はいつになったら独り立ちしてエンジニアになれるのだろう…。

 

そこから、考えをガラッと変えました。

テクダイヤには、たくさんの職人さんがいます。

わざわざ私が職人(専門家)になる必要はないのです。

 

一つのことを極めるというよりは、いろいろな技術や知識を身につけて、

何が最適か判断していくようなスタイルで、お仕事をしています。

 

具体的には…

「金属の表面処理の技術開発」という軸はありますが、

その他「露光」「エッチング」など、金属加工という分野を超えたプロセスも積極的に学んだり、

 

技術を市場へ技術を投下できるよう、

経営企画部にプレゼンや、営業と協力しながら新しい市場開拓に向けてプランニングしたり、

 

先月に関しては、月の約半分は外部への実験や研究会の参加で出張、

社内では、一日に機械を3~4台稼働しながら、データを取る日もあります。

 

 

かなりアクティブですね(笑)

色々な技術や考え方を、日々吸収しています。

 

技術部=専門家 というイメージだけでなく、

テクダイヤの技術部は、こんな仕事もしてるんだ!

というように感じていただけたら幸いです。

 

さき

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)