フィリピン工場との英語のコミュニケーション その①

こんにちは。品質保証部のたまごです。

 

今日は、フィリピン工場とのコミュニケーションについて書いていこうと思います。

 

私は今でこそ、毎日英文のメールで工場とコミュニケーションをとっていますが、

入社当初はとても酷かったです。

 

何が酷いかというと、まず、そもそも英文が書けない。

もちろん、学生時代もある程度テストを乗り越えてきていますが、

いざ自由記述で言いたいことを書こうと思っても、文法も単語も出てこなかったのです。

 

最初に打ったメールはこんな感じです。

 

I am new employee at the quality assurance department in TECDIA.

I revised Work Instruction.

I changed page 1/13, and have added “(改版内容なので割愛)“.

Please reflect it for your work.

 

まともに見えますが、実はこれ、他の社員さんの校正が入っています。笑

 

このあと、2か月間くらい、他の社員さんにメールの文章をチェックしてもらいながら英文のメールを打っていました。

手間のかかる新入社員だったことでしょう。笑

先輩方には感謝しかありません。

 

このころは、メールの文章の量にもよりますが、1つのメールに30分くらいかけていました。

クレームの調査の依頼など、もっとヘビーなやり取りをすると、

言い回しを調べたり、伝わるかどうか考えながら何度も見直したりして、

1本のメールを出すのに2時間くらいかかったときもあります。

 

最近のメールはこんな感じ。

Can you re-measure following samples by different measurement machine?

Because I think that there is difference between each measurement machine.

 

…さすがに三年も経つと、一人でそこそこ書けている感じですが、

やはり一人で書いた文章は、なんだかちょっと文章がいまいち…な気がしています。

 

自分の文章を見返すと、「測定器」はmeasuring instrumentのほうが良かったかも、とか、

Becauseのあとは、「測定器の違いによる測定値の異常があるように思うので、測定機ごとの違いを調べたい」というように、もっと詳細な背景を説明したほうが良かったかも…とか、色々考えてしまいます。

 

ただ、今は1本のメールを書くのに、内容にもよりますが、320分くらいで済んでいると思います。

だいぶ成長しました!…たぶん。きっと。おそらく…。

 

こうして、毎日過去の自分の文章と見比べて、ちょっとでも相手に伝わるように奮闘中です。

スラスラ書けるようになりたいです。

 

品質保証部 たまご

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)