HCT(Hybrid Ceramic Technology)

「Hybrid Ceramic Technology」の略称「HCT」。
テクダイヤのセラミック応用技術のことで、40年以上かけて培った、テクダイヤの技術の融合と、世の中の最先端技術を混合して作る、新技術です。
極細回路形成や立体基板への側面回路形成など、今まで困難だった製品製造を高精度、高精細なカタチで実現します。

1) HCTの成り立ち
2) 技術紹介
3) 成功事例
4) 人に寄り添うテクノロジー

HCTの成り立ち

40年以上あるテクダイヤの歴史の中で、様々な技術を育んできました。

その技術を使って、テクダイヤだけのオンリーワンの技術を作ろうとチーム発足したのが始まりです。

 

当初集まった3人の新製品開発チームが「面白いものを作りたい」と考え、

試行錯誤し、編み出されたのが「HCT]。

1枚の基板の上に、様々な機能を凝縮させたハイブリッド基板を作ることを決意し、

開発が始まり、数年かけて現在の技術が誕生しました。

 

今では、抵抗やAuSnはんだ、切欠き加工といった技術だけでなく、

テクダイヤの中にある技術を融合させることで、

HCT + 精密機械加工製品 = 立体回路形成技術

HCT + CM事業 = 基板製作 + 組立サービス

といった、顧客のニーズに合わせた形で出荷ができるようになっています。

 

顧客の「こんなもの、あったらいいな」、「こんなこと、できませんか?」に耳を傾け、

これからも、テクダイヤにしかできないオンリーワンを提供できるよう、引き続き開発していきます。

技術紹介

★デザインガイド(概要)

デザインガイド

高精度・高精細のライン&スペースはもちろんのこと、スルーホールやサイドビア、

TaN抵抗といったハイブリッド基板の製作が可能です。

 

★金属膜形成技術

capabilities_photo_02

 

HCTでは、用途に合わせ、Au(金)・Pt(白金)・Ti(チタン)・AuSn(金錫)・TaN(窒化タンタル)でのパターニングが可能です。

ライン&スペースは、最小10umとしており、精度の高いパターニングが求められる場面で活躍しています。

 

★立体回路形成(側面メタライズ)

側面メタライズ

 

HCTが最も得意としているのが、「立体回路形成(側面メタライズ)」です。

左の写真のように、チップの表面だけでなく、側面にもパターニングされている製品です。

 

上下面以外に、側面・斜面などへのパターニングを行っております。

 

★レーザー加工 / 切欠き加工

図2レーザー加工 ・ 切欠き加工では、様々な形へのカットアウトができます。

実績としては、角の切り落とし加工をはじめ、楕円や四角・丸などのレーザー加工が可能です。

穴系は最小50umで、位置公差は±25umとなります。

 

そのほかにもお客様のニーズに合わせ、様々な技術へのチャレンジをしています。

「こんなもの、あったらいいな」、「こんなことに、困っています」がありましたら、

テクダイヤまでご相談ください。

 

成功事例

NASA

こちらは、一例ではありますが、NASA様向けに出荷した、ライン&スペースが25umの超伝導配線です。

通常、窒化タンタルでの配線はしようすることはありませんが、

本件では、窒化タンタルの超伝導性に目を付けて、配線として使用しました。

本製品は超伝導臨界温度である14Kにおいて、正しく動作しております。

 

13567419_1407239295969826_656353978074605935_n

NASA様にて、装置にセットされた状態での写真です。

NASA様のロゴマークとテクダイヤのロゴマークが、はっきりと確認できます。

 

こちらの基板を使用した、NASA様のプロジェクトがこちらです。

Balloon Experimental Twin Telescope for Infrared Interferometry – bettii

 

また、基板の製作秘話等は、下記のブログを参照ください。

TECDIAの技術が貢献している銀河の形成を研究するNASAのBETTIIはなぜ気球で運用しているのだろうか

NASAが新惑星を発見?そんなNASAとテクダイヤの秘話をお話します。

NASA図面製作のお話

 

人に寄り添うテクノロジー

テクダイヤでは、「加工技術で産業界の常識を覆す」を経営理念として、日々精進しています。

HCTの技術が多く使われる業界として挙げられるのは、データセンター市場です。

私たちが持っているスマートフォンは、いつでも、どこにいても通信ができます。

インターネットを通じて簡単にテレビが見られたり、動画が見られたりできるのは、

データセンターのおかげです。

 

HCTは、データセンター市場の縁の下の力持ちとして、世界を支えていきたいと思っています。

 

単身赴任をしていて、遠くにいるご家族に。

遠距離恋愛中の恋人に。

留学している親友に。

 

そんな、遠く離れた大切な人と、いつでも近くにいられるように。

データセンターをより大きくしたい。通信を、より速くしたい。

人と人とのつながりを、データセンター市場を通して、強く・深く・近くしていきたい。

 

そして、私たちは、その大切な絆を守りたい。

 

そんな気持ちで、これからも、産業界の常識を覆していきたいです。

 

 

yona.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)