生産技術の立場から値切りについて考えてみた

最近、お財布の中身が寂しいです。
どうも、僕です。

 

新生活ですので、新しいものがどうしても欲しくなってしまいますよね。
新しい服、新しい靴、新しい趣味、新しい。。
とにかく新しい何かが世の中には沢山あります。

 

そんな時、なるべく安く買いたいですよね。
私は、家電とかはかなり値切ったりします。
そして、意外と値段が下がるものです。
その代り、競合と競わせる必要があり値段の調査が必要です。
大変ですけどね。。

 

今回、モノの値段についてです。
値段交渉をするときに、値段には色々なものが乗っています。
私がモノ作りの中で考える項目は、人、材料、時間、方法、歩留まり、です。
コストダウンを考えるとき5つの条件をどうやって変えるかです。
安い材料を代替品として使用する。工程を短くする。効率的な方法。とかですね。

 

そんなことを、日常的に考えていると値切るとかなかなか。。。

やっぱ、安くて良いもの買いたいですし値切りは辞められない。。

 

皆さん。

何か値切ったり安く買おうと思ったら、裏では生産技術の人が一生懸命工夫して、
頑張っていることを想像しながら値切ってくださいね!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)