化学の世界には様々な“パーセント”が潜んでいる

皆さんこんにちは。Tbです。
テクダイヤでは新人が各部署に配属され、絶賛研修中!です。
私も、一部研修を担当します。
受ける方も緊張するだろうけど、やる方もドキドキビクビクします(笑)

さて、今日は濃度の表し方について。
基礎的なことですが、知っておかないと大きな誤解のもとになります。


薬品を使用するとき、その濃度はどうやって表現されるのでしょうか。

例えばSDSを見てみると、【3 組成及び成分情報】にその薬品の成分と含有量が記載されています。

ここで出てくるのは % という単位です。

(ちなみに、%=百分率とは、全体を100としたときの割合のことですね。)

 

実はこの%という表現が結構厄介なんです。

高校で化学を勉強したことのある人はよくご存じかと思いますが、

○○%という単位が複数あるんです。

 

私がよく使うものを例と一緒に挙げると、

①重量パーセント(wt%) :1wt%=100g中に1g

②体積パーセント(vol%) :1vol%=100L中に1L

③原子パーセント(at%) :1at%=原子100個中に1個

 

というのがあります。

普段は単に「パーセント」と言うことが多いところが厄介なんです。

はじめに書いたSDSでも含有量を%と記載しますが、ここで書かれる%は①wt%のことなのです。

 

“パーセント”に潜む意味が分からないと、使用上・会話上のトラブルつながる可能性があるのでご注意を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)