テレビの受信障害と自然環境の変化の関係

「テレビが映んなくなっちゃったんだけど…」と、実家の母親より電話が入った。

心当たりがいくつか浮かんだ。

1、平成初期型のブラウン管テレビが寿命を迎えた。 → いや、まだまだ使えるはず。

2、安物の地デジチューナーが故障した。 → この可能性が高い。

3、アンテナ線をネズミに喰いちぎられた。 → 田舎ではフツーにあるトラブルです。

 

お気に入りのテスター、工具を持って修理に赴くと、原因は別のところにあった。

アンテナが、あさっての方向を向いているではないか。

強風が吹いたわけでもないし何でだろ?と母親に心当たりを尋ねたところ、

「そういえば”猿”が屋根に登ってさわいでいたねぇ」との事。

当地では、ハイキングなどで山に入っていくと、猿、シカにはよく出くわすが、最近では人里まで下りてきて”わるさ”をしているらしい。

---

とりあえず修理を終え、久しぶりに実家周辺を散策してみたところ、何やら看板が立っている。

【アライグマを捕獲するワナを仕掛けてあります】

アライグマ!?

私の年代でアライグマといえばテレビアニメ「あらいぐまラスカル」だろう。

最終回で、森に帰っていくラスカルと少年の別れのシーンでは、家族にばれないよう涙した方も多いと思う。

ところでアライグマはアメリカ原産ではなかったっけ、なんでこんな山奥にいるの?と思って調べたところ、どうやら古くから日本各地で自然繁殖が進んでおり、近年では特定外来生物として大きな問題となっているらしい。

 

子供の頃より、イノシシ、タヌキなどに畑を荒らされて困っていたが、それに加え、猿、アライグマと新たな問題が加わり、自然環境の変化に頭を悩ます週末となってしまった。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)