「科学」と「化学」の違いについて

みなさん こんにちは Damienです。

 

今回はは露光のお話はお休みです。

 

思いつきですが、「科学」「化学」の違いについてお話します。

この2つのKagaku(科学・化学)という言葉 よく目にしますよね。

聞いてもどっちのKagaku(科学・化学)か分からなかったり。(笑)

Damienと一緒に勉強しましょう!

 

簡単に言いますと、

・「科学」→理科全般

・「化学」→化ける学問(何かが変化する仕組み)

 

科学には多くの分野があります。仮説を立て、その仮説が正しいのかどうか様々なデータや論理を駆使して検証する行為です。

これは自然現象の解明を目的とした自然科学でも、社会現象の解明を目的とした社会科学でも変わりはありません。

とにかく科学には多くの分野が存在するのです。

ex)  自然科学,社会科学,人文科学,スポーツ科学,機会科学,生命科学   etc…

 

では化学とはなんでしょうか。

化学は物質を構成する原子と分子に着目し、その構造や性質、構成の変化(化学反応)などを取り扱う自然科学の中の1分野なのです。

対象や研究方向により、無機化学・有機化学・物理化学地球化学など様々な種類に分類されます。

 

数多くある科学分野の中のの1分野が化学であるということが分かりましたね。

 

みなさん 季節の変わり目ですので体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

 

Damien

 

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)