透明なものを測る方法って知ってる?!!

ダイヤモンド、ビニール、プラスチックなどの透明なもの。

透明なものは、光を通してしまうので、
測定精度が保証できず、測ることが困難です。

とはいったものの、おおよその寸法や形を把握したい…
今回は下記を観察してみました。

①テープに入った傷の深さ
②ダイヤモンドの先端

①テープに入った傷の深さ

こちらの傷。傷は、底まで貫通していない状態。

ブログ3 

 

テープは透明な上に変形しやすく、非常に測りにくい…。

 

傷の部分をカットして、断面からデジタル顕微鏡で観察するのが一つの方法です。

ただ、非破壊で測りたい…

 

ということで、下記方法で観察しました。

 

・測定器

X, Y軸だけでなく、Z軸カウンター付き測定器

 

・測定方法

(1) 底面にピントを合わせて、Z軸を0set

わかりにくいですが、カットラインの底面にピントが合っている状態です。

ブログ4

 

(2)Z軸を動かして、テープの上面にピントを合わせる

こちらもちょっとわかりにくいですが…

テープの切れ端の十字の部分にピントが合っている状態です。

 ブログ5

 

 

精度までは保証できませんが、ある程度の深さは

観察することができました。

 

②ダイヤモンドの先端

テクダイヤ創業当時から培ってきたダイヤモンド加工技術。

最近では、先端R20nm なんて精度を求められていますが、

試作しても測る術がないのが現実です。

 

そこで、最新のレーザー顕微鏡をお借りして、測ってみました。

ブログ6

 

やはり、高価格な測定器なだけあって、

先端画像が鮮明!

3D形状にしたり、表面粗さや寸法も簡単に測れます。

そして、測定時間も2-3分程度。

 

しかし、分解能が足らず、さすがに先端R20nmまでは厳しいようです。

 

このように透明なものでも、工夫すれば観察程度はできます。

何か、もっといい方法があったら、是非教えていただけますと幸いです。

さき

さき

入社1~2年目では、主に金属加工(汎用旋盤、汎用フライス、少しマシニング)、 入社3年目からは、金属の表面処理開発に携わっています。 出身は応用化学科ですが、縁あって、 金属関連のお仕事をやらせていただいてます。 この技術、何かに使えないかな。 これは、どんなプロセスで使われるんだろう。 日々、勉強です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)