ターキーを食べると眠くなるのはどうしてなの?!!!

まだ僕がお酒も飲まず準備もろくに手伝わない子供の頃から、

感謝祭のディナーで何故あんなに眠たくなるのかが不思議でした。

 

gahag-0021550788-1

 

みなさんは感じたことありますか?

 

なんとこの犯人の正体はターキーの内側にある化学物質だったのです。

感謝祭の七面鳥には必須アミノ酸トリプトファンが豊富に含まれています。

トリプトファンには脳のセロトニンの構造成分であり、

皆さんがよく知っている睡眠誘発ホルモンであるメラトニンに変換されるのです。

 

ショーン

 

リプトファンは、血液脳関門を通って脳に入るために、

体の他のすべてのアミノ酸と対立します。

感謝祭の夕食には、七面鳥とともに炭水化物

(例えば、ターキーの中の詰め物やジャガイモなど)がたくさんあります。

 

消費する炭水化物は、トリプトファンではなく、

血液から大量のアミノ酸を除去するインスリンの放出を誘発します。

ですから、対立するアミノ酸が邪魔になると、トリプトファンは脳にスムーズに入り、

セロトニン(最終的にはメラトニン)を生成し、私たちを眠らせてしまうのです…

 

少し早いですが、感謝祭を祝う人たちのために…

HAPPY THANKSGIVING!

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)