私とテクダイヤの出会い@ボストンキャリアフォーラム

I heard that the Boston Career Forum (BCF) was this weekend and it sent me on a trip down memory lane. Bear with me a moment! ^.^

皆さん、お久しぶりです!ボストンキャリアフォーラム(BCF)が今週末始まると聞いて、とてもいいことを思い出しまいました。 ^.^
改めて自己紹介します。私は入社3年目、カナダ国籍のいわゆるリケジョです!現在エンジニアとして日々奮闘しています!

 

3年前、私は卒業を目前にし、自分の能力を発揮する場を探していました。

卒業したら何がなんでもエンジニアとして成功したい!!!!…と思っていた私は、

そんなチャンスがありそうなエンジニアリング会社を探していました。

 

その年の夏、世界最大の油田サービス会社でインターンシップを経験しました。

皆さん、石油採掘とかフラクチャリングについては聞いたことがあると思いますが、

インターンシップ中の4ヶ月間の私は、泥水とguarだらけでした。

人里離れた所にあるfrac padに行き、そんな仕事をするには覚悟が必要でしたが

私にとっては忘れられない経験となりました。

 

とにかく私は、卒業したら大学のある街のモントリオールにとどまるつもりは全くなかったのです。

あの夏はインターンシップを通して、最高の冒険を味わったから、更なる挑戦がしたい!…と思っていたのです。

よし、ボストンキャリアフォーラムに参加の挑戦できる場を探そう!!

 

インターンシップから数か月経って11月になりました。

ボストン。東海岸の寒いです。スーツジャケットしか着ていないけどとにかく気にせず行く。

今までの自分とまるで変身したかように、カバーオールからヒールと黒いスーツに着替えます。

(私は青のブラウスを着てたけど)

 

会場は全く新しい世界でした。

 

 

面接3つ終了。やった~。ある会社から無事内定をいただいたので、

ちょっと一休みとして友人とブースを見て散歩することにしました。

すると突然、あるブースから声かけられたのです。

 

「Hi!黄色のストラップの子!ちょっとこっちへ来い!」

 

…はい?ホントに日本企業ですか??と聞きたいくらいびっくりしました。

(彼のことはYさんと呼びましょう。)

 

意外とすぐに仲良くなりました。Yさんはアメリカ人。

彼は自分がやっている面白い研究について教えてくれて、色んな冗談を言っていました。

しばらくして、話が終わって、さようならを言い、それぞれの会社に戻りました。

 

別の会社との面接、終了。

Yさんとの気楽な話直後だったので、

メモばかり取り、ニコリともしない他社の人事面接にかなり衝撃を受けました。

…私ホントにこれでいいの?本当に日本で働きたい?私はここで一体何をしてる??

 

無意識のうちに私はYさんのブース(今まで聞いたことのないTecdiaという会社)に戻ってきていたのです。

Yさんが、履歴書だしてよと言う。まあ、やってみるか。

他の会社のブースを見に行っても、毎回Tecdiaのブースに戻ってきてしまっているんだから。

 

「Hi!黄色のストラップの子!」と呼び止められた瞬間から私の人生は変わりました。

あのままだったら私、今頃普通の日系企業で、普通に働いていたと思うのです。

あの時本当に偶然、理系のストラップの色によってチャンスが到来し、私の新しい旅が始まったのです。

 

あの時に学んだことは、人生はどうなるか分からない。どこに行くか分からない。

どんな人と出会うか、どんな会社に行くかなんて誰も分からない。

 

大切なことはなことは、直感を信じること、チャンスを楽しむこと。

さあ!!!ボスキャリへ行く皆さん、今週存分に楽しんできてください!

 

その先に新しい人生が待っているかもしれません。

 

こちらがYさんです(笑)

こちらがYさんです(笑)

 


Three years ago I was a prospective graduate looking for a chance to prove myself. I was ready to make my mark on the world and looking for an engineering company with opportunity. That summer, I had interned at the world’s largest oilfield services company – you know those stories you hear about oil rigs, fracturing (fracking)… well, that was me for four months, ankle deep in mud and covered and guar. It was fantastic. You have to be of a certain personality to be willing to go out to a pad in the middle of nowhere with a frac crew, but for me it was an unforgettable experience. Anyway, the point is, I didn’t want to just stay in my university’s city of Montreal; I had tasted adventure and I wanted more.

Fast forward a few months to November. Boston. The frigid east coast winter has begun; I only have my suit jacket to keep me warm, but it doesn’t matter anyway since I’m a bundle of nerves. This was altogether a new world – out of the coveralls and hard hat, into the high heels and suit. With little more than ambition and hodgepodge Japanese I made my way to the Boston Career Forum (BCF) among thousands of others dressed just like me.

(well, I allowed myself a coloured blouse)

Three interviews down. Still buzzing with energy, but one company invited me to meet them in Japan so I figure I can take it easy and just stroll the aisles with a friend.

All of a sudden, I’m being called out at by one of the booths.

“Hey you, with the yellow lanyard. Come talk to me!”

… I’m sorry? Definitely was not what I expected in a room full of Japanese companies. The man who called out– let’s call him Mr. Y. He seems friendly, so I figure it might be a nice chat, even if I don’t end up being interested in the company.

We hit it off – he tells me about the cool research he’s doing, and I joke about the uptight HR staff that I can’t seem to communicate well with my level of Japanese. After a while we say our goodbyes and go back to our respective jobs of working the room.

Next interview – another Japanese company and a major shock to the system after my chat with Mr. Y. Cue feelings of self-doubt. Do I really want to work in Japan?? What am I doing here??!

Without realizing it I’m already walking back to Mr. Y’s booth – a company called Tecdia, whom I’d never heard of before – and we’re talking for so long that he convinces me to put in my CV. It was only natural, really – no matter what other company I talked to, I always came back to Tecdia’s booth to unwind.

That became the decision that changed my life. A chance encounter due to the colour of my lanyard led to the start of a new journey. If there is one thing I have learned, it’s that we never know where life will take us. The most important thing is to stick to your gut, take opportunities, and have fun! To all the attendees at BCF: good luck, and meet some great people this weekend, because who knows what could happen.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)