メーカーを悩ませる、ばらつき、不良品、生産トラブルについて。

こんにちは。品質保証部のたまごです。

 

品質保証の悩みトップ3としては、「ばらつき」「クレーム(不良品)」「生産トラブル」が多くを占めるのではないでしょうか。

 

これらは弊社においてももちろんそうですが、お付き合いさせていただいている取引先の皆様、

お客様も含め、すべてに影響するやっかいものです。

 

もちろん不良品0ですべて同じ品質のものだけを作る…というのが理想です。

ですが、トラブルというのは予想ができないからこそトラブル。

弊社に限らす、製造現場は悩みがつきません。

 

ばらつきを表す単位に、「σ:標準偏差」というのがありますが、

このσ(読み方:シグマ)というのはギリシャ文字です。

とある人の話では、ギリシャ文字は神の値ということで、

”ばらつきは神のみぞ知る値である” …と言われているとか、いないとか。

 

**************************************

 

以前、社外セミナーで他社様の品質保証部・技術部の大先輩方とお話しさせていただく機会があり、

「品質保証」という仕事について話し合ったことがあります。

 

品質保証の求められるレベルや厳しさに関しては、正直に言って、食品業・車・医療業界がやはり頭一つ抜けていました。

なぜなら、上記の業界は、1つのミスが人命を奪うこともある世界だからです。

 

特にショックをうけたエピソードが、医療業界の方のエピソードです。

体内に入れるための医療製品で不良が起きてしまい、取引先から

 

「今回の不良で人が死ぬぞ。どう責任をとるつもりだ」

 

と言われたという話。

人命がかかっているプレッシャーで、毎日眠れないとおっしゃっていました。

 

どの業界であっても、品質保証は最後のかなめ。

気を引き締めて、仕事をしていきたいと思います。

 

品質保証部 たまご

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)