人工芝ってなんだろう?~横浜スタジアム改装工事~

こんにちは☀︎yonaです!

 

横浜DeNAベイスターズが好きな私。

そんな、横浜DeNAベイスターズの本拠地、【 横浜スタジアム 】が

東京オリンピックに向けて、改装工事をしています!☆

 

その、第一段として、グラウンドの人工芝の貼り換えがありました!

ファンクラブ会員グラウンド開放Dayなどで、グラウンドに入る機会がある私も

新しい人工芝を体感したい!!という気持ちで、先日もグラウンドに!!

 

IMG_8305

 

「 ザクザクしている 」…素人目です。(笑)

 

素人ながら、以前と比べたら、歩き心地が違い、踏むたびにザクザクするかんじです。

ふわふわしていると言うのでしょうか??

 

この人工芝はヤフオクドームや東京ドームと同じ人工芝を採用したとのことで、

フィールドターフ社製「フィールドターフHD(ハイデュラ)」を採用しています。

 

そもそも、人工芝と天然芝の違いってなんでしょうか??

 

野球をするにあたって、人工芝は

・ ボールの反発性が高く、バウンドしたボールが高く跳ねる

・ アスファルトの上に、人工芝を敷くため、天然芝より硬く、選手の足腰の負担が大きい

・ 維持費が安い

・ 摩耗が生じ、ゴロがスムーズに進む

 

選手への負担を考えるのであれば、天然芝がベストですね。

アメリカの野球場は、ほとんどの球場が天然芝だそうです。

 

ただ、人工芝は、天然芝に比べ維持費が格段に安く、

また、使用できる頻度(寿命)も長いので、日本の球団の多くは、人工芝を使用しています。

 

人工芝は、アスファルトの上に直接敷きます。

「 パイル 」と呼ばれる「 芝 」の部分が、どのような材質でできているのか

そして、どの程度の長さで、どのくらいの密度で埋められているかによって、

踏んだ時の感覚が変わるようです。

 

スタジアムの場合は、雨ざらしになってしまうため「 透水性 」が重要になってきます。

人工芝にもよりますが、透水性が高い人工芝であれば

1時間前まで雨が降っていても、1時間後には試合ができる環境になります。

 

横浜スタジアムで、この「フィールドターフHD(ハイデュラ)」を採用された大きな理由は、

水捌けの良さなのかな??と思っています。

IMG_7096

 

今回のブログでは、素人目で、私なりに気になったことを調べてみました。

仕事とはかけ離れているので、うすい記事となってしまいました…(笑)

 

交流戦も半ばにさしかかりました!

一層、力を入れて!応援したいと思います☆

そして、今日も、観戦してきます(笑)

 

 

yona.

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)