夏が来るから海へ行こうよ。夏に気を付けるべき光化学スモッグとは。

Damienは夏が大好きです。

今年も暑い季節がやってきました<(`^´)>!

光化学スモッグとは

夏 到来!!
うだるような暑さが続いていますね。

皆さん、熱中症には充分にお気を付け下さい。

夏といえば、「ギラギラの太陽!」「海!」「花火大会!」「夏合宿((+_+))」

 

急展開ですが、夏といえばもう一つ。

光化学スモッグです。

よく大学の部活中にに光化学スモッグ注意報が発令されていたのを覚えています。(もちろん練習はそんなものお構いなしで続行続行続行です)
皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

何故、光化学スモッグ注意報は夏によく発令されるのでしょうか?

 

光化学スモッグの主な原因には2つの物質があげられます。

・揮発性有機化合物(VOC) ・・・ 塗料や接着剤に含まれる揮発性の高い物質。 (フロン,トルエン,ベンゼン,ジクロロメタン等)

・窒素酸化物(NOx) ・・・工場や車の排ガスに含まれる。 (亜酸化窒素,一酸化窒素,三酸化二窒素,四酸化二窒素,五酸化二窒素等)

上記の物質は日光の紫外線と化学反応 ※1 を起こし、光化学オキシダント(アルデヒド,オゾン,ペルオキシアシルナイトレート)を発生させます。

この光化学オキシダントが大気中に留まっている状態が光化学スモッグです。

 

※1  例) 光吸収性の強い NO2 (二酸化窒素)が420nm 以下の光を吸収し, NO2  =  NO  + O  に分解される。

分解されたO は大気中の O2 (酸素) と結合し、O  +  O2  =  O3 (オゾン) となる。

光化学スモッグ

出典:「平成28年光化学大気汚染の概要」(環境省)

光化学スモッグが起こりやすい環境は?

① 日差しが強い日 ・・・ 揮発性有機化合物と窒素酸化物は日光の紫外線によって反応します。

② 気温が高い日 ・・・ 気温が高くなることにより原子の活動が活発になり、化学反応が促進されます。

③ 風が弱い日 ・・・ 風が弱いと光化学オキシダントが一定の場所に停滞し、光化学スモッグが起きやすくなります。

 

つまり、「日差しの強い真夏日かつ風が弱い日は光化学スモッグに要注意!」 というわけです。

 

光化学スモッグによる症状は?

光化学スモッグによる症状は

① 喉や目などの粘膜の痛み

② 頭痛やめまい

成人であればよっぽどのことがなければ重症化することはありませんが

抵抗力の弱い赤ちゃんや高齢者の方は注意が必要です。

光化学スモッグへの対象法と正しい知識を身に付けましょう。

光化学スモッグへの対処法として最も適切なことは注意報が発令されている際の外出を控えることです。

 

正しい知識を持ちましょう。

 

・注意報発令時は外出は控え、戸締りを徹底する(光化学スモッグを室内に入れない)

・身体への異常を感じた際には洗顔、うがいを行う(改善が見られない場合は医師の診察を受信する)

・光化学スモッグはマスクでは防げない(マスクの繊維構造よりもずっと細かい)

・自動車の使用を控える(新たな光化学オキシダントを発生させないことも大切)

余談ですが。。。

余談ですが、光化学スモッグ発生率全国1位は、私の住む埼玉県です。

関東南部の臨海工業地域や東京で発生した汚染物質が風に乗って化学反応を起こしながら北上してくることが原因のようです。

埼玉県民にとっては迷惑な話です。笑

光化学スモッグ2

出典:「平成28年光化学大気汚染の概要」(環境省)

近年は光化学スモッグは減少傾向にあります。

しかし、無くなったというわけではありません。

・自転車の運転時にはアイドリングストップを心がける

・外出するときは、なるべく公共の交通機関を使用する

 

みなさんの小さな心がけで、空気はもっと綺麗になります!

 

光化学スモッグ注意報が発令された日には不必要外出を避け、ジムで日が沈むまで己の身体と向き合いましょう。

昨日は背中のトレーニングでしたでした。

今日は大円筋、菱形筋、広背筋が強烈な筋肉痛を伴いながら痙攣しています。

何とも言えない喜びです。

 

皆さんよい夏をお過ごしください!

 

Damien

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)