光通信で使われるLDって?

以前、このブログで「TOSA」について記載したのをふと思い出し、
今回は、そのTOSAとして実装されている、
重要なLDについて記載したいと思います。

TOSAについては、前回の記事を参照頂けると幸いです。
http://tecdlab.com/2017/04/26/dictionary-tosa/

LDの種類

光通信では、主に3種のLDが使用されています。

 

FP-LD(ファブリ・ペローLD)
②DFB-LD(Distributed FeedBack LD )
③VCSEL(Vertical Cavity Surface Emitting Laser)
※その他:DBR-LD(Distributed Bragg reflector LD)

 

そんな中で今回は、「FP-LD」について記載していこうと思います。
ん?全部じゃないのですか?笑
そうですね。。。記事が多くなってしまうので、LDシリーズ化としてこれから記載していきます!!!笑
(ここでは、各LDの役割や仕組みを話していきたいと思います)

 

FP-LDとは

さっそく、①FP-LD(ファブリ・ペローLD)について紹介します。

FP-LDは、初期の光通信で多く使用されており、現在は低速のデバイスに使用されています。
また、LDの構造は、ただの直方体となっており、下記イメージのようになっています。

FP-LD

 

発光した光は、活性層の中を下の図のようにへき開された端面AB共振していきます。

 

無題

 

つまり、入射された光のうち、反射方向に進む光は、誘導放出作用で増幅し、

へき開面で反射することでおなじ位置で多重反射します。

反射した光は、反射の際に、透過または回折する光や散乱や吸収が発生し、損出します。

 

LDの場合、電流を流し、増幅作用を強化することでその損出よりも大きくなった際に、

レーザー発振ができるといった仕組みです。

ここでの波長は、へき開面がファブリ・ぺロー共振器として働くことで、波長依存性が生まれます。

よってFP-LDでは、いくつかの波長(多モード発振)が出るLDとなっています。

この波長を調節するのは、中心波長と、端面間の距離、端面の屈折率によって設計されています。

 

なんだかんだ、ざっくりと書いてしまい、分かりづらくなってしまいましたが、

もう少し、いい記載内容があれば、修正していきたいと思います。

次回は、DFB-LDを記載したいと思います・・・。

《おススメ人気記事》

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)