高精度マシニングセンタ ~超高精度マシニングおすすめTop3~

テクダイヤでも、治工具の制作や穴あけに活躍しているマシニングセンタ。
今回は【高精度】をキーワードに、個人的におススメ機種Top3をご紹介します。
(※私は各メーカーの回し者ではなく、あくまで個人的に気になっている機械です。ほぼ趣味。)

①碌々産業 超高精度高速微細加工機 P12-C genesis
②ソディック AZ250
③東芝機械 UVM-450D

①碌々産業 超高精度高速微細加工機 【P12-C genesis】

特殊静圧スピンドルが魅力のマシニング。
全軸リニア&特殊スピンドルのコラボで、相当な高精度加工が期待できます。
加工精度は0.01 μm指令入力まで可能とのこと。

http://www.roku-roku.co.jp/genesis.html

②ソディック AZ250

高速・高加速度運転に対応する高剛性を備える、
低重心でオーバーハングのないBOX構造。
エネルギー相殺型ツインリニアモータ駆動方式で
振動と重心の位置変化を抑制している、高精度マシニング。

https://www.sodick.co.jp/product/tool/machining/item.php?id=az250

③東芝機械 UVM-450D

構造体恒温化システム採用より安定して高精度を維持することが可能。
高精度加工で、温度のコントロールはとても大切。
(軸が伸びて加工精度がかわってしまう。)
駆動系も分解能10ナノと、高精度に適したマシニング。

http://www.toshiba-machine.co.jp/jp/product/nano/lineup/uvm/index.html

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)