Page 1
audit

顧客監査:さぁ大変だ。どうしよう。。。から学んだ事

CMIの光組立部門(通称ODAもしくはOptical Device Assembly)で、顧客監査が行われる事になった。需要減少に合わせてスペースを縮小するため、装置を一つの部屋に移設し、製造ラインのレイアウトを変更していた。その変更後の工程監査を行いたいというのが目的だ。   監査となると色々な準備が必要となる。ドキュメントの準備、移設前後の各種データの準備、様々な記録の履... Continue Reading →
Two passengers scream in fear in what could be a plane accident, or them just being over conscious. Motion blur and shallow depth of field with focus on man's eyes.

プロペラ飛行機に乗っての旅行、果たして安全なのか?!

飛行機に乗られた経験はありますでしょうか?旅行や出張など、色々な理由で使用される機会があると思われます。今はチケットの値段が安くなり、多く人が利用されていると思います。そんな中、ふと気になる事があります。飛行機って安全なのかな?   私事ですが、先月 プロペラ飛行機にのって、隣島のネグロス島に旅行してきました。この旅行前の週に、利用航空会社が事故(着地時に滑走路をオーバーラン... Continue Reading →
hqdefault

海外赴任:「郷に入っては郷に従え」の本当の意味とは?

「郷に入っては郷に従え」という、ことわざがあります。土地・場所によって風俗や習慣が違うので、自分の価値観と異なっていても、その土地の流れに合わせた行動をとるべき、という意味です。これは職場環境や仕事に対しても言える事です。今回は自分が働いているセブ工場(CMI)、新らしい場所に移って得た経験と、そこから学んだ事をシェアしたいと思います。   少し前の事になりますが、CMIには... Continue Reading →
悩む

生産管理:部材不足の経験から学ぶ、部材の重みと大切さ

以前にもご説明しましたが、自分は生産管理に関わる仕事をしています。今回は「部材不足」によって、悩まされた経験から学んだ事について、お話したいと思います。   製造というのは、装置+作業者+部材が揃ってできます。たとえ装置と作業者が整っていても、「部材がありません」では、物を作れません。そのため、工程ストップや製造ライン停止が起こります。生産管理をやっている以上、現場が止まると... Continue Reading →
Communication

海外赴任:Communicationに必要なのは、英語ではなかった!

社会人が始まって3か月後、「フィリピンのセブ工場に赴任」の辞令を頂きました。私はテクダイヤに入社する前、アメリカで12年間ほど生活していました。ですので、英語を使っての生活や会話を苦にすることはありません。 当時、フィリピンについては知らない事が多かったのですが、「まぁ、色々な問題が出てくると思うけど、英語が話せるから大丈夫だろう!」と軽く考えていました。しかし、現実はそう甘くは無かったです... Continue Reading →
Caution_Contains_Hazardous_Material_MSDS_CX37_OSHA

銀ペースト確認直後に、お恥ずかしいミス

今回のブログでは、少し前に製造現場でやってしまった、新人ミスを紹介したいと思う。   半導体の組立では、銀ペーストを使用する事があり、CMIでも使用している部門は幾つもある。銀ペーストと言っても、色んな種類がある。銀粒子の大きさ、エポキシが含まれている割合、硬化条件、加熱で硬化・軟化、など色々ある。これらは製造条件や、最終的に完成品が使用される環境などによって選択される。 ... Continue Reading →