Page 1
グラフェン

Graphene

どうもこんにちは。 最近、久しぶりに大学に訪問してきました。 ふと当時、応用物理学会のタイムキーパーのアルバイトをしたときに出会ったグラフェンを思い出しました。 グラフェンはグラファイト(炭素)の同素体です。 "この材料は原子1個分の厚みのカーボンシートで、シートの集合体が鉛筆の芯 の材料であるグラファイトです。 世の中の物質の中で、室温の電気伝導性と熱伝導度が最も優れた材料と... Continue Reading →
spot-862274_680-min

生産技術の立場から値切りについて考えてみた

最近、お財布の中身が寂しいです。 どうも、僕です。   新生活ですので、新しいものがどうしても欲しくなってしまいますよね。 新しい服、新しい靴、新しい趣味、新しい。。 とにかく新しい何かが世の中には沢山あります。   そんな時、なるべく安く買いたいですよね。 私は、家電とかはかなり値切ったりします。 そして、意外と値段が下がるものです。 その... Continue Reading →
imgp0952_s

家電芸人ならぬ家電会社員の私が、大型有機ELテレビに出会う

最近、日本とセブの出張を繰り返し、 日本の冬の寒さとセブの夏の暑さを交互に味わっています。   どうも、僕です。 毛穴が活発に呼吸していますねー。 この間、家電量販店に出向いて気づいたのですが、 新しく大型の有機ELテレビが世の中に出始めているようですね。。 え?遅い? そうです。。たまに浦島太郎状態なんです。。   そんなことは、どうで... Continue Reading →
image_004119

薄膜作製工程立ち上げについて

フィリピンの朝は早い。 どうも僕です。   最近薄膜作製から評価を行っています。 薄膜工程の立ち上げをしなくてはなりません。 しかし、薄膜は下の層に大きく影響します。 所謂、配向性と言うやつですね。 結晶には、ミラー指数という面を示す値があります。 ミラー指数は、結晶の格子中における結晶面や方向を記述する指数です。 この指数方向に沿って薄膜作製時に結晶が... Continue Reading →
488x-1

スティーブジョブズのスピーチの意味が理解できた今日この頃。

こんにちは。 現在、セブの工場にて出張に来ております。 新しい部署に配属され薄膜工程の開発業務をおこなっております。 今回薄膜の作製を行っているのですが、 サンプルの評価方法が課題となっております。   実は、私部署移動したばかりなんです。。 以前の部署では受託生産のエンジニアで組立が専門でした。 今は分らないことばかりで、全て1からやり直しだと思っており... Continue Reading →
photo_large

YAG溶接で重要な溶接深さの確認方法「クロスセクション」の後の飯は旨い。。

今日はYAG溶接についてです。 私の所属している受託生産部門では、光通信用デバイスの組立を行っています。 組立工程の中にYAG溶接工程があります。 YAG溶接工程ではCANとReceptacleを溶接する工程です。 この溶接の際に重要なのが、溶接深さです。 でも、溶接した深さをどうやって見るんですか? そうなりますよね。。 溶接跡を半分に研磨するんです。自... Continue Reading →