Page 1
alamo_drafthouse_beyond_burger.0

人間が大好きなお肉の未来。世界中の人々はベジタリアンにならないといけないのだろうか。

従来以上に地球温暖化の危機が迫っている。パリ条約では地球の温度上昇を2度以下に保つ目標があるものの、想定より地球温暖化が早く進んでいる。したがって、ますます解決を急がないと、回復不可能な未来が近づいているのが現状だ。   パリ条約の中にある一つの大きい目標は温室効果ガスを減らすことである。 温室効果ガスは運送に放出されるガスが一番の悪者と考えられているが、それ以上に人間... Continue Reading →
http://endoftheworld-2012-12.blogspot.jp/2012/03/natural-disasters-ends-world-in-2012.html

地球の絶滅危機、また?!ボンで行われている気候変動会議から出ている忠告

ここ3年間、ほとんど増減がなかった二酸化炭素排出量が、今年に入って2%も上昇した(Global Carbon Project)。今からCO2が極端に減少しないと回復不可能な時が瞬時に訪れる恐れがある。前までも二酸化炭素の増加によって、少しずつ地球の環境が変わっていた。一方この瞬間を超えると急速に地球環境が変わり、激甚災害の影響で人間、動物及び植物の生存が厳しくなる。... Continue Reading →
maxresdefault

熱電発電の世界を覆す新物質がユタ大学の研究者によって開発された。

二枚の基板に挟まれている黒い熱電材料の版。 Ca3Co4Ogの板を熱い物と冷たいも物の間にいれることで、熱い側の電荷が冷たい側に流れ、電圧が発生する。 このやり方では電気が温度差によって発生し、1度の温度差でも測定可能の電圧ができるそうだ。この材料が数ミリグラムあれば1ミクロワット程度の電気が作られる。 最近に開発されたためまだ解析中だが、概算では5グラムで1ワットの電気を作られると... Continue Reading →
American Chemical Society

Disclamer: We don't own this picture or technology

日本の伝統的な芸術で電気を作る?!切り紙と静電気で小さい装置を充電できる技術

静電気を電力に変える時代は来たのでしょうか。 厄介な静電気だが、これからは電力として人間の役に立てる時が来ました。   摩擦帯電(Triboelectric effect) 摩擦帯電とは、接触面が擦り合わされることで、1.絶縁体間、2.絶縁体ー導体間、3.導体間で起こる帯電現象です。*2  上記の二つの物体の間に電子が流れる、つまり電気です。 静電気は予測不能だが、... Continue Reading →
Electron takes off

3Dプリンティングロケットで宇宙へ??宇宙開発の新しい時代の始まり、Rocket Labがニュージーランドで打ち上げ成功。

Rocket Lab (米国)は5月25日に「エレクトロン」の打ち上げに成功しました。エレクトロンは17メーターのバッテリ駆動ロケットで、ニュージーランドの北島から宇宙へ打ちあがりました。エレクトロンは24時間でプリンティングされたエンジンを使用しています。 Rocket Labは2017年末から商用打ち上げを開始する予定です。150kgのペイロードを500kmの南北軌道に上げる計画らしいで... Continue Reading →
earth from moon

新たな宇宙世紀。宇宙の資源を目指せ?

地球の資源は有限なものばかりです。日常的に使用している装置やエネルギー、また躍進しつつあるコンピューター、携帯電話、医療部品などが鉄、アルミ、銅やREMのような貴重な有限資源に依存しています。ただ有限ということはいつか足りなくなることを意味します。 そのため、将来的には有限資源を不要にするか地球以外の場所から採るかという選択肢しかないです。... Continue Reading →