Page 1
graph-3068300_960_720

ナノインデンテーション法(Nano Indentation)とは

ナノインデンテーション法(Nano Indentation: NI)とは、工業材料などの硬さを測定するための、硬さ試験と呼ばれる評価ツールの1種です。硬さ試験は、大きく3種類に分けられます。   ①押し込み硬さ … 材料に物体を押し込み、くぼみを測定する方法 ②反発硬さ … 材料(物体)を落とし、跳ね上がる高さを測定する方法 ③引っ掻き硬さ … 材料に傷を付け、傷... Continue Reading →
3100022134-smoke-758269_1920-wjE1-640x426-MM-100

これまでの窒化の常識を覆す新技術、「RFプラズマ窒化処理技術」とは

プラズマ窒化とは、一般的にチャンバーと呼ばれる炉の中にプラズマを発生させ、プラズマにより生成された窒素イオンを用いる窒化技術です。主に金属の表面に窒素イオンを打ち込む(侵入させる)ことで、化合物を生成し、表面硬度の上昇や耐摩耗性を向上させる表面処理のひとつです。... Continue Reading →
Scriber

ダイヤモンド・スクライブツールを利用した「スクライブ」とは

A)ダイシング加工(湿式) ダイシングは、水をかけながら切断する方式。工法は広く知られおり、応用技術に対して難易度は高くない。しかし、水を嫌う素材(ウェハ)に適用できない。 素材)ガラス・セラミック・ゴム・アクリル・SUS など   B)レーザーダイシング レーザーによるカットは昨今の技術であり、その分離化されたチップの断面は綺麗である。またプロセス時間が短... Continue Reading →
PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V

【就活生必読】現役人事部長が就活生に告ぐ、就活極意まとめ

アルバイトをしていると有利か? 面接でアルバイトの経験談を数えきれないほど聞くが、聞きたいのはアルバイトの話ではなく、そこでどんな目標をもってどんなものを得たのかという指標。指標のないエピソードは、単なる主観的な感想でしかない。... Continue Reading →
B

お客様任意のディスペンサーノズルをカスタム製作。テクダイヤの先端スーパーロングノズル。

先端スーパーロングノズルとは、ノズルの先端部が通常のディスペンサーノズルよりもはるかに長い、約5倍の先端長さを誇るディスペンサーノズルです。   [caption id="attachment_4415" align="alignnone" width="465"] 左;通常中・右;先端スーパーロングノズル[/caption]   通常のディスペンサ... Continue Reading →
solution

テクダイヤがディスペンサーノズルの加工限界を突破、「先端スーパーロングノズル」の開発に成功

①先端の長さ ディスペンサーノズルの先端長さの加工は、穴径:長さ(深さ)、1:10が加工限界とされる中、テクダイヤの先端スーパーロングノズルは穴径の1:24(24倍)の長さを実現し、加工技術の常識を覆しました。     ②ディスペンサーノズルの性能はそのままに 従来のディスペンサーノズル最大の特徴であった、内部段差のないテーパー形状や、切削による削り出... Continue Reading →