Page 1
dc0b409318727c8becc620cb60472c6a_s

文章の書き手が理系か判断する方法

蓼食う虫も好き好きという言葉がある通り、人の好みとは十人十色である。 しかし、この世には文章を書くことが好きな技術者は皆無だと小生は断言する。 報告書、レポート、資料、論文、技術ブログ、これらは逃れることの出来ない呪縛である。 蓼がどれほどの不味さかは知らぬが、文章を書く面倒臭さを現在進行形で味わっている小生が言う のだから間違いない。... Continue Reading →
テープ

現場で役立つ!? 加工・測定時の簡易的な固定方法

https://www.monotaro.com/g/00020512/   おなじみの養生テープ。 手で簡単に切ることができ、 貼った後、簡単にはがすことができます。 ガムテープと比べて接着力は弱いですが、 製品の簡易的なパッキングや、 金属切断する際に、金属保護カバーとして使うこともあります。... Continue Reading →
P_20180709_195008

技術の継承とその課題

CMI(フィリピン工場)からの研修生でグレイ(仮名)という青年がいた。半年後にRFユニットをCMIで量産立ち上げする予定があり、その担当者として約半年間、日本で研修を受けてもらった。彼にはRFについての知識や経験はなかったが、とても飲み込みが早く、研修の後半では簡単な開発案件であれば任せられるまでに成長していた。これといった問題もなく、予定通りに量産立ち上げを完了できたのは彼の活躍によるものといっ... Continue Reading →
TAKEBEfukigenpoze

事件は現場で起きている!

テクダイヤの工場はフィリピン・セブ島にあります。 ネットも電話もある、なんなら(画面を通してだけど)顔をみて話すことができるのに、なぜはるばるセブ島まで出張するのか。 もちろん日本の夏が暑すぎて、もはやセブ島の方が涼しいのでは?と思ったからではありません。(上に書いたのは冗談)   「現場」に行くことが重要だからです!     ... Continue Reading →
78049bb77fc89c838c595f0943703a2e_s

相次ぐ黒字倒産、後継者不足問題

テレビをつけると、昨今黒字倒産が相次いでいるというニュース番組が流れていた。 経営自体が順調でも、技術の後継者がおらず止む無く倒産が相次いでいるというそうだ。 伝統工芸のように社会ニーズが低下したため、後継者不足に苦しむケースもあるが、 中小企業の独自技術のように、未だ社会ニーズが高いにも関わらず倒産というケースも 相次いでいるらしい。番組内の熟練技術者曰く、若者に独自技術... Continue Reading →
Image(15)-1

製品評価の思わぬ落とし穴!?

こんにちは。品質保証部のたまごです。   私は品質保証部ではありますが、ここ最近は新製品の評価や新しい材料の評価をすることが多いです。   新しいものの評価をするときは、まず評価設計というものをします。 ・どんな材料か? ・どんな工程で作るのか? ・ばらつきは? ・今までと何が変わるのか? ・お客さんが望んでいる特性は? ・どんな問題が起... Continue Reading →