Page 1
audit

顧客監査:さぁ大変だ。どうしよう。。。から学んだ事

CMIの光組立部門(通称ODAもしくはOptical Device Assembly)で、顧客監査が行われる事になった。需要減少に合わせてスペースを縮小するため、装置を一つの部屋に移設し、製造ラインのレイアウトを変更していた。その変更後の工程監査を行いたいというのが目的だ。   監査となると色々な準備が必要となる。ドキュメントの準備、移設前後の各種データの準備、様々な記録の履... Continue Reading →
100711_1_

日本以外の国ではどんな携帯(スマホ/iPhone/Android)が流行ってるの?-今の携帯の技術編-

11月に10周年記念モデルのiPhoneXが発売されましたね。 欲しい、けど高い。私が今使っているのは、iPhone6s。。。 あ、換え時!爆     そんな私は、iPhoneXでも8でもなく、iPhone7に変えようかと思っています。 なぜか? よく落とすから。そして、最近ケースをしない裸族になったからです。 ガラスに戻った(iPh... Continue Reading →
misunderstanding

「Kl法」とは。問題解決に必要なのは、今までの経験やカンか?

最近受講したセミナーの話。 『KI法』による問題解決能力の向上コース。というセミナー。   あー難しそう、眠くなりそう、つまらなそうと ブログを読むのを止めようと思ったそこのあなた。   対象は主に製造業で働く人達ですが、 凄く解りやすく書いているので、読んでみて下さい。 このブログでは、KI法の考え方だけを記述する。 (次... Continue Reading →
悩む

生産管理:部材不足の経験から学ぶ、部材の重みと大切さ

以前にもご説明しましたが、自分は生産管理に関わる仕事をしています。今回は「部材不足」によって、悩まされた経験から学んだ事について、お話したいと思います。   製造というのは、装置+作業者+部材が揃ってできます。たとえ装置と作業者が整っていても、「部材がありません」では、物を作れません。そのため、工程ストップや製造ライン停止が起こります。生産管理をやっている以上、現場が止まると... Continue Reading →
遅刻

日本の当たり前は通用しなかった。フィリピンと日本の違い~時間編~

フィリピンに訪れた人は、知っているかもしれない。 ≪フィリピンタイム≫という、フィリピンならではの時間のルーズさを表現した言葉。   約束の時間に来ないのは、当たり前。 早く行くことが、逆に悪だとすら感じている。   一方、意外な事に、出社時間はある程度守られていると感じる。 そんな中、それよりも一番守られているのは、退社時間。 ... Continue Reading →
職業病

生産管理での考え方を日常生活に取り入れてみたら、キリがないということがわかった。

  セブ工場(通称CMI)での自分の業務は、主に生産管理に関わる仕事です。   生産管理では、 4M(Man=人員、Machine=設備、Material=部材、Method=方法)、 QCD(Quality=品質、Cost=コスト、Delivery=納期)、 フォーキャスト変更時の対応、人員・設備・スペースの稼働率、 その他にも色々な... Continue Reading →