Page 1
35

めっき

めっきとは・・・ [名](スル) 1 《古代、仏像に金めっきをするのに用いた金のアマルガムを滅金と呼んだところから》金属または非金属の表面を他の金属の薄膜で覆うこと。また、そのようにしたもの。防食・装飾などのために行い、方法には電気鍍金・溶融鍍金・蒸着鍍金などがある。ときん。「金で―する」 2 うわべを飾り、よく見せかけること。 参照:https://dictionary.goo.... Continue Reading →
Fiber optics on black background

TOSA

TOSAとは、Transmitter optical sub-assemblyの略。 ステムやバラフライパッケージ等にLDチップやDriver ICを設置し、LDからの光を集光レンズに通し、 スタブフェルール内蔵のレセプタクルに光軸を合わせたもので、 このような、組み立てがされているものを指します。 主に光通信等に使用され、データ送信のみを行っており、様々な方式や形状等があ... Continue Reading →
DSC_0006

測定は正確に

どうも、ねねです。 あっという間に入社から一年経ってしまいました。   かと言いましても、まだまだぺーぺーであることには変わりませんので これからも日々精進していくのみです。   それでは本編です。 本日の話は、「測定は正確に」です。   実験をしていると、必ず測定を行う機会があると思います。 さて、... Continue Reading →
OHT97_nagareruhosi_TP_V

HCT(Hybrid Ceramic Technology)

40年以上あるテクダイヤの歴史の中で、様々な技術を育んできました。 その技術を使って、テクダイヤだけのオンリーワンの技術を作ろうとチーム発足したのが始まりです。   当初集まった3人の新製品開発チームが「面白いものを作りたい」と考え、 試行錯誤し、編み出されたのが「HCT]。 1枚の基板の上に、様々な機能を凝縮させたハイブリッド基板を作ることを決意し、 ... Continue Reading →
B

ディスペンサーノズル

「ディスペンサー」とは液体を狙いの定量で吐出するシステムのことを意味し、このシステムを実現するための装置を「ディスペンス装置(液体定量吐出装置)」と呼びます。 ディスペンサーノズルは液体を吐出するために口金の様な役割として、ディスペンス装置に取り付けられます。ディスペンス装置は身の回りの様々な製品へ間接的に役立てられており、飲食料品を型や容器に流し込んだり、スマートフォンなどに微細な電子部品... Continue Reading →
高解像度

3Dプリンティング

3Dプリンティングとは立体物を表すデータをもとに、樹脂を加工して造形する技術。 3Dプリンタの第1次ブームは2000年頃。その後、3DプリンタがIT業界で爆発的ブームを迎えたのは2013年。以降、2014年はウェアラブル、2015年はIoTやドローン、ロボット、インダストリー4.0といったキーワードが続く。2016年以降はIoTは継続し、自動運転やディープラーニングといった人工知能(AI)が業界... Continue Reading →