Page 1
ベイク

フォトリソグラフィのいろは ~ベイク編~

ご無沙汰しております、ねねです。   最近、条件の見直しやら改善活動で悪戦苦闘しております。 そんな内に今年もあと二月だそうで、時の速さと秋の寒さに身が震えますね。 以前、「レジスト」というシンプルなタイトルで記事を書かせていただきました。 その記事の中で触れた「ベイク」という工程について今日は書きます。   ベイクとはなんぞや... Continue Reading →
aluminium pincet

技術者の日常:外観検査・顕微鏡編

どうも、玲子です。配属になった第5技術グループでは様々なことをやっていますが、その中の一つは外観検査員(見習い)です。   検査はとても難しい、熟練度が要求される仕事です。 微妙な色違いやなかなか気づかない小さな傷などを見つけ、NGかどうかを判断するのが毎日の務め。最初は見えていなかったものを見えるようにならないと仕事にならないという現実に生きています(笑) 検査... Continue Reading →
ノズル先端写真(50倍)

穴あけ技術確立までの失敗談

無理だと思い込んで諦めていた… そんな経験が、私にはあります。     弊社には、最少内径8μmまで穴を開ける技術があります。 以前、穴をあける技術はあるのに、機械加工による「バリ」を 取る方法がなく、悪戦苦闘していました。   (穴の周りについているトゲのようなものがバリです。)   ター... Continue Reading →