Page 1
銀食器

高周波特性を改善する銀めっきとその注意点

マイクロ波の製品には金めっきが多用されているが、用途によっては銀めっきが有効な場合がある。 銀めっきについては、あまり馴染みのない方もいらっしゃるかもしれないので、失敗談も交えて簡単に紹介してみたい。   マイクロ波の製品で銀めっきを施す代表的なケースとしてはBPF(バンドパスフィルタ)が上げられる。バンドパスフィルタは、所望の周波数帯域のみ通過させるためのユニットであ... Continue Reading →
P_20170214_195913-5

最近の高周波製品から感じるミリ波の歴史と技術の移り変わり

自動車の衝突防止レーダーをはじめとして、ミリ波を活用した製品が身近な物になってきている。 ミリ波を使用する製品は、話が盛り上がっては消え、盛り上がっては消えを繰り返してきたが、 本格的に一般化されてきたように思う。弊社のSLC(Single Layer Capacitor)やアルミナ基板を はじめとしたセラミック製品も、とてもたくさんのミリ波製品にご使用いただいている。 &... Continue Reading →
P_20170118_160837-5

テクダイヤとの出会いは30年前。はじまりは石英基板のパターニング。

  テクダイヤへ入社して17年が過ぎた。 前職時代から取引があったので、それを含めればお付き合いは30年を超えるだろう。   ご縁とは本当にありがたいものだ。   今から30年ほど前の事、社会人デビューを果たしたばかりの私が、 ミリ波帯通信装置に使用するRFユニットの開発を担当することになった。 当時は、高卒ルーキーの仕... Continue Reading →
DSCN1154

高周波特性を改善する積層セラミックコンデンサの向き

ここ数年はSLC(Single Layer Capacitor)、いわゆる単板のコンデンサの開発に従事しているが、 私個人でいえば、積層セラミックコンデンサとの付き合いの方がはるかに長い。   その積層セラミックコンデンサには、実は実装の向きがあることをご存じだろうか。 ここでいう向きとはレイヤーの向きだ。 デカップリング(いわゆるパスコン)用途であればほとんど関係な... Continue Reading →
DSCN113222

アルミナ基板の微細なパターンにもハンダ付けできます

  何かのご縁によりこの業界に籍を置かせていただき30年が経った。ありがたいことである。 ここまでやってこられた理由はいくつもあるが、その内の一つに指先が器用なことがあると思う。 この指先の器用さは、間違いなく親父のDNAを受け継いだものだ。   そこで、まずはじめに親父の作品を紹介させていただきたい(笑   【作品1】 鮎... Continue Reading →