Page 1
Image(14)-3

大学でやったことが役に立つ!?故障解析と高分子分析の似ている所

こんにちは、品質保証部のたまごです。 今日は、大学でやっていたことと、今やっていることが似ているなーと思ったことを書いてみたいと思います。   私は大学で高分子合成研究室という研究室におりました。 高分子というのは、「ポリ」がつくもののことです。 ポリとは何か? みなさん、PETボトルはご存知かと思いますが、このPETのことです。 PETとは、“... Continue Reading →
図3

現地エンジニアとDMAICという思考を用いた不良改善活動

  フィリピン工場で、光デバイスエンジニアとして働いていますが、生産工場では、良品率アップや作業者の習熟度による品質の不安定さを無くす事を大前提として改善をしていかなければいけません。しかし、いざ問題の中に入り込むと、思った以上の情報量と 多くの改善案で方向性が見えなくなっている状況。手当たり次第に改善案を実行するのは時間の浪費。たとえば、問題はわかっているものの、誰が・何を... Continue Reading →