Page 1
earth from moon

新たな宇宙世紀。宇宙の資源を目指せ?

地球の資源は有限なものばかりです。日常的に使用している装置やエネルギー、また躍進しつつあるコンピューター、携帯電話、医療部品などが鉄、アルミ、銅やREMのような貴重な有限資源に依存しています。ただ有限ということはいつか足りなくなることを意味します。 そのため、将来的には有限資源を不要にするか地球以外の場所から採るかという選択肢しかないです。... Continue Reading →
MIYA151230409796_TP_V

身近になってきた宇宙とテクダイヤの関係

先日、テレビを見ていて興味を持ったサービスがある。宇宙葬というものだ。 1センチ四方のカプセルに遺灰を入れて、それを人工衛星に乗せて宇宙空間まで運んでくれるらしい。はたして遺灰と一緒に魂もそこに存在するのかはわからないが、やはりどんなかたちであれ地球を外から眺めてみたいと思う。   人工衛星といえば、電子部品の小型、高信頼性化が進み、製造コストが大きく下がったこともあり... Continue Reading →
元サイト;https://www.forbes.com/sites/brucedorminey/2016/04/23/nasa-to-launch-first-ever-balloon-borne-optical-interferometer/#24a5eaa35d96

TECDIAの技術が貢献している銀河の形成を研究するNASAのBETTIIはなぜ気球で運用しているのだろうか

BETTII(Balloon Experimental Twin Telescope for Infrared Interferometry)はNASAによって作られている赤外線干渉計システムです。赤外線干渉計を使い、銀河の形成と進化、就中星と星をめぐる惑星の形成、お互いに与えている影響を研究しようとしている。   BETTIIは簡単に言えばサッカー場サイズの気球に付いている... Continue Reading →
NASA7

NASAが新惑星を発見?そんなNASAとテクダイヤの秘話をお話します。

  NASAが地球に良く似た惑星を発見したということで、 勝手にワクワクしています!!! 今日はそんなホットなNASAとテクダイヤの秘話をお話します。     2015年、NASAは赤外線干渉計システム「BETTII」の製作にあたり、 超高感度の熱的に耐えられるような、セラミックに精密超伝導 タンタル窒化物(TaN)回路... Continue Reading →