Page 1
smIMGL3647_TP_V

特殊健康診断・特殊歯科検診

事業者は、一定の有害な業務に従事する労働者に対し、 医師による特別の項目について健康診断を行う必要があります。 労働安全衛生法により定められており、 健康診断の記録は5年もしくは、30年保管をしなくてはなりません。 また、このうちの一部の業務については、その業務に従事しなくなった場合も、 その者を雇用している間は、 医師による特別の項目について、健康診断を定期的... Continue Reading →
PAK86_midorinomichitosyukkin20130709_TP_V

安全衛生委員会

安全委員会・衛生委員会は、下記のルールにのっとって、設置することが義務付けられています。   *安全委員会の設置要件 常時使用する労働者が50人以上の事業所で、林業・鉱業・建設業・製造業の一部業種 (木材・木製品製造業。化学工業、鉄鋼業、金属製品製造業、輸送用機械器具製造業)、 運送業の一部業種(道路貨物運送業、港湾運送業)、自動車整備業、機械修理業、 ... Continue Reading →