Page 1
maxresdefault

熱電発電の世界を覆す新物質がユタ大学の研究者によって開発された。

二枚の基板に挟まれている黒い熱電材料の版。 Ca3Co4Ogの板を熱い物と冷たいも物の間にいれることで、熱い側の電荷が冷たい側に流れ、電圧が発生する。 このやり方では電気が温度差によって発生し、1度の温度差でも測定可能の電圧ができるそうだ。この材料が数ミリグラムあれば1ミクロワット程度の電気が作られる。 最近に開発されたためまだ解析中だが、概算では5グラムで1ワットの電気を作られると... Continue Reading →