Page 1
ブログ帯電津

耐電圧

耐電圧とは、 「機器や部品にかけることができる電圧の限界値」のことです。 耐電圧500Vの部品に1000Vの電圧をかけると、 部品がショートし壊れてしまいます。 火災やけがを招くこともあり、非常に危険です。 あらかじめメーカー側では、製品の耐電圧を測る「耐電圧試験」を行い、 使用時の電圧をかけたときに、絶縁破壊しないことを確認します。... Continue Reading →
電子機器

メカニカルスイッチと電子機器故障の関係

メカニカルスイッチにはチャタリングという現象があり、電子機器の誤作動の原因になることはよく知られている。(チャタリング:スイッチを切り替えた時に接点が接触と跳ね返りを繰り返し、短時間にオン/オフが切り替わる現象) メカニカルスイッチは、使い方によっては誤作動だけでなく、スパイク電圧を発生させ機器を破壊してしまう場合がある。電源設計をされている方には常識かもしれないが、これから電源設計を始める... Continue Reading →