Page 1
Communication

海外赴任:Communicationに必要なのは、英語ではなかった!

社会人が始まって3か月後、「フィリピンのセブ工場に赴任」の辞令を頂きました。私はテクダイヤに入社する前、アメリカで12年間ほど生活していました。ですので、英語を使っての生活や会話を苦にすることはありません。 当時、フィリピンについては知らない事が多かったのですが、「まぁ、色々な問題が出てくると思うけど、英語が話せるから大丈夫だろう!」と軽く考えていました。しかし、現実はそう甘くは無かったです... Continue Reading →
Image(yobi4)-1

フィリピン工場との英語のコミュニケーション その②

こんにちは。品質保証部のたまごです。   以前掲載した、「フィリピン工場との英語のコミュニケーション その①」の続きですが、 前回のものを読まなくても大丈夫です。もし興味のある方は探してみてくださいね!   前回は、3年前と比べてちょっとは英語のメールが上達したよ~という話を書きました。   ただ、3年経ったいまも、フィリピン... Continue Reading →
tokyo

ホントの私って??入社1年後に分かった、バイリンガルの特徴。

こんにちは!今回は入社後の頃にちょっとタイムワープしてみます~ 「よし!大学卒業!やっと入社!これで、本当にエンジニアになるぜ!日本語やら英語やら関係ない!技術だから、誰とでも通じるだろう?」と思った私は大変間違っていました。 実は入社して日本での生活を始めた時はまるで新たな人生の始まりだったのです。もう大人なので当然慣れが子どもより早いけれど、この新たな人生を子どもの状態から... Continue Reading →
MS251_enshinbun_TP_V

フィリピン工場との英語のコミュニケーション その①

こんにちは。品質保証部のたまごです。   今日は、フィリピン工場とのコミュニケーションについて書いていこうと思います。   私は今でこそ、毎日英文のメールで工場とコミュニケーションをとっていますが、 入社当初はとても酷かったです。   何が酷いかというと、まず、そもそも英文が書けない。 もちろん、学生時代もある程度テストを乗り越えてきていますが、 ... Continue Reading →
fb9231d9

カタコト英語から始まる「生きた英語」って?入社1年目で海外赴任となった私が最も大切にしていること。

  フィリピンで光通信製品の技術者としての配属が決まった。 当時の私のイメージは、海外で英語を使って、 技術サポートの仕事をするという曖昧な事を考えていました。 とにかく「現地に行って光技術を一から勉強しよう」と。。。 しかし、技術の前にもっと別のことで苦戦することになったのです。   その一つは現地スタッフとのコミュニケーションでした... Continue Reading →
philippines-1195394_960_720

フィリピン人 日本研修のお話

こんにちは☀ yona.です。   今日は、なんと。私の後輩ちゃん★杏音★のお誕生日!! おめでと~!!素敵な1年になるといいな~♪と思います。   今日は、私の3年という社会人経験の中で、トップ5に入る思い出のお話をしたいと思います(゜o゜)   TECDIAはフィリピンのセブ島に工場CMI(CEBU MICROELECT ... Continue Reading →