女性の活躍とノーベル賞

医学・生理学賞に本庶 佑博士が選ばれたことで大きな話題となったノーベル賞ですが、
なんだか男性ばかり受賞しているような気がしませんか??
今回は、日本人という視点ではなく、女性という視点からノーベル賞に注目してみたいと思います!

ノーベル賞とは・・・

ノーベル賞とは、ダイナマイトの発明で知られるアルフレッド・ノーベルの遺言により設立されました。

ノーベル賞には6部門あり、それぞれ3人まで受賞することができます。

  • 物理学賞
  • 化学賞
  • 医学・生理学賞
  • 文学賞
  • 平和賞
  • 経済学賞

 

受賞者の発表は毎年10月、授賞式はノーベルの命日である12月10日に行われます。

今年は受賞者発表が話題になりましたが、授賞式も大きくニュースで取り上げられることでしょう。

女性受賞者は何人?

さて、今回は女性受賞者に注目してみます。

皆さんはノーベル賞の女性受賞者といえば誰を思い浮かべるのでしょうか・・・?

 

私が思い浮かべるのは、今の仕事にも大きく関わる女性初の受賞者・・・

マリ・キュリーです!

 

彼女は放射線研究で大きな功績をのこしており、物理学賞と化学賞の両方を受賞しています。

キュリー夫人という方が馴染み深いでしょうか。

 

 

マリ・キュリーの受賞から始まり、これまでの女性受賞者は何人いるでしょうか?

 

答えは…

 

51人!

 

 

1901年から続くノーベル賞ですが、たった51人とは・・・・やはり少ないです。

日本人はまだ女性受賞者がいないので、どの部門で初の女性受賞者が選ばれるのか、楽しみです。

2018年の女性受賞者

2018年の受賞者には、物理学賞・化学賞・平和賞で3人の女性が選ばれています。

特に、物理学賞のドナ・ストリックランド博士は55年ぶり3人目の女性受賞者です。

 

これからどんどん女性受賞者が増えてくると思います!

ノーベル賞はいろいろな見方ができると思いますので、

ぜひ皆さん興味のある視点から、注目してみてください!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)