テクダイヤの製品ってどうやってできるの?製品製造工程をご紹介!

テクダイヤには大きく分けて2つの製品事業部があります。
セラミック加工技術部と精機加工技術部です。
その2つの事業部がそれぞれどんな製品を提供しているのかは、
テクダイヤのホームページでわかるけど…。
製品完成までにどのような技術が使われているのか知りたい!という声に
お応えして、今回は製品製造工程をご紹介いたします!

①セラミック加工技術部

セラミック加工技術部では、セラミック応用製品として、

単層セラミックコンデンサ薄膜回路基板などを製造しています。

これらの製品は携帯電話基地局、衛星、データセンターなどの

通信半導体部品として使用されています。

5Gと呼ばれる、第5世代移動通信システムにも大きく関わってるのです。

テクダイヤと5Gの関りについて詳しくは《5G通信とテクダイヤの関わり》をチェック✔

 

セラミック加工技術部の主力製品、単層セラミックコンデンサの工程を見てみましょう。

図1

 

 

②精機加工技術部

精機加工技術部では金属を微細に加工することで、

精密なディスペンサーノズルなどを製造しています。

スマートフォンの製造や3Dプリンティングなどに使用されています。

ディスペンサーノズルの多岐に渡る活用例については

高精度な塗布を実現!ディスペンサーノズルのアプリケーション5例まとめ》をチェック✔

 

精機加工技術部の主力製品、ディスペンサーノズルの工程を見てみましょう。

図2

 

今回は例として、単層セラミックコンデンサとディスペンサーノズルを紹介しました。

大切に大切に作られている製品は愛着がわき、自分たちの子どものような存在でもあります。

ものづくり企業に対して少しでも興味を持っていただけると幸いです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)