製造業におけるプロセスカード(製作指示書/作業指示書)の大切さ。記録はしっかり残しましょう。

会社にはたくさんの文書があります。お客様と取り交わす契約書もあれば、社内で保管しなくてはいけない文書、会社を行う上で提出しなくてはいけない書類など、数えたらキリがないほどの文書にあふれています。今日は、その中でも、製造業のテクダイヤにとってとても大切な記録資料「プロセスカード(製作指示書)」についてお話させていただきます。

(1)プロセスカードとは
(2)プロセスカードの役割
(3)プロセスカードの重要性

プロセスカードとは

テクダイヤでは、プロセスカード・製作指示書と呼ばれていますが、「作業指示書」「工程指示書」とも呼ばれており、製造するプロセスを指示する記録用紙のことです。製造プロセスにおいて、次がどの工程で、どんな条件で製造するのかが記載されており、工程担当者は指示書に記載してある条件に従って工程を進め、さらに、いつ・誰が・どの条件で工程を実施したか、記録していきます。

 

テクダイヤの指示書に記載されている内容は下記です。

  • 型番
  • お客様の品名
  • ロット番号
  • 納期(期日)
  • 工程(実施作業と作業予定)
  • 作業日

プロセスカードの役割

プロセスカードには、様々な役割があります。その役割を、ご紹介させていただきます。

① 伝達する

テクダイヤでは、たくさんのプロセスを経て、1つの製品が出来上がります。量産工場の場合、2~3交代で業務を引き継いでいきます。交代の時には、いつ・誰がこのプロセスを対応したのか、どこまでの作業が終了していて、次のプロセスは何かなど、相手に伝えなくてはいけません。たくさんの業務がある中で、すべてを正確に伝えるのは難しいため、プロセスカードに内容を記載することで、正確に伝達することができます。

② 記録する

プロセスカードには、どんな条件で工程を行ったのかを、しっかり記録しています。何時に開始して、何時に終わったかはもちろんですが、薬品は何℃で使用したか、問題は発生していないか、細かく記録しています。工程で問題が起こった時、前の工程で問題はなかったか等、この記録があることで不良の原因究明につなげることができます!

③ ミスなく作業する

量産工場では、たくさんの種類の製品が並行して流れています。一品一様で条件が変わります。薬品の温度や、プロセスを行う時間、次の工程が何か、製品によって異なるため指示がない状態だと混乱を招きます。「Aという製品は、XXという条件で作業をするんだよ。次の工程はYYだよ」と、記載されているので、プロセスカードを見ればミスを防ぐことができます。

 

プロセスカードの重要性

プロセスカードには、たくさんの役割がありますが、「客先からの問い合わせ」があった際にはとっても役に立ちます。

客先だけでなく、社内の問い合わせにも役立ちます。技術部の検査が終了し、品質保証部へ最終検査をお願いする際にも、工程に不備はなかったか、異常値はないか等も確認いただくので、プロセスカードも一緒にお渡しします。

異常発生の問い合わせはないに越したことはありませんが、お客様から連絡があった際は、まずプロセスカードを確認します。工程中にトラブルはなかったか、異常値はでていないか…その製品を製造した記録として、すべてが記載されているので、出荷した後でも工程中にどんなことが発生したか、さかのぼることができます。

たくさんの、製品が流れる中で、管理し、履歴を残していくことは難しいですが、プロセスカードに助けられる瞬間はたくさんあります。どのようなプロセスカードが、その現場で使いやすく、運用しやすいのかを考え自社にあったプロセスカードを作っていきましょう!

 

関連記事

納入仕様書って何?~はじめての納入仕様書~

XR管理図の作り方

 

yona.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)