【水晶デバイスについて】水晶デバイス製造装置メーカーとテクダイヤの関わり

水晶の結晶に機械的な圧力を加えると、表面に電気が発生します(圧電効果)。またある方向に電気を書けると変形(振動)を生じます(逆圧電効果)。水晶デバイスはこれらの現象を利用し、スマホでは電波の送受信、自動車では自動運転の距離測定センサーに使用されています。安定した周波数や正確な信号を維持する役割として電子機器には欠かせません。水晶デバイスには水晶振動子、水晶発振子、水晶フィルタなどがあります。これらの水晶デバイスを製造するための装置を提供しているメーカーとテクダイヤと水晶デバイスとの関りについて紹介したいと思います。

水晶デバイス製造装置メーカー

  • 三生電子株式会社

三生電子株式会社は、水晶デバイス用生産設備や計測機の製造・販売を行っています。ブランク工程、組み立て工程、検査工程、治具関係、計測器関連など様々な製品を提供しています。

三生電子株式会社

 

  • 株式会社昭和真空

株式会社昭和真空は、1953年創業以来「真空技術」を活かし、水晶デバイス製造ラインの各工程向けに必要な真空装置を製造・販売し、世界シェア80%を占めています。

水晶デバイス装置(真空装置)|株式会社昭和真空|

 

  • 株式会社PFA

株式会社PFAは、SMD型水晶製品の小型化に対応する高精度な設備を提供しています。組み立て工程から検査、テーピングまでの幅広いラインアップと、高速化・高精度化を追求しています。

水晶デバイス装置 | 製造装置関連 | 主な事業 | 株式会社PFA

 

  • アキム株式会社

アキム株式会社は、水晶デバイスだけでなく、カメラモジュール、センサデバイスなど電子部品の生産設備を提供しています。高精度君縦技術・高速搬送技術・画像処理技術・真空技術・温度制御技術・計測技術を駆使し、水晶関連の自動化設備を展開しています。

製品情報 | アキム株式会社

 

  • 中村エンジニアリング株式会社

中村エンジニアリング株式会社は、自動化装置のメーカーとして、水晶デバイス製造装置の研究・開発を行っています。お客様の希望に合わせたカスタマイズにも対応。現在はSMD関連、49/US関連、ブランク関連を主に提供しています。

中村エンジニアリング株式会社 TOP

テクダイヤの水晶デバイスへの関わり

テクダイヤは、水晶デバイス製造装置に取り付けられるダイヤモンドピンセットの製造を行っております。水晶デバイスは、静電気が加わると素子が破壊される恐れがあるため水晶デバイス製造用のピンセットは絶縁体であるセラミック製が主流です。1秒間に1つの速さで水晶デバイスをつまみあげるピンセットの先端は摩耗が早く、2週間前後でのピンセットの交換が必須とされています。そこで近年、水晶デバイスの製造過程で使用するピンセット(チャック)を、従来のセラミック製から、より硬く長寿命である「ダイヤモンド製」へ切り替える傾向があります。

case_18_img_00

 

水晶デバイス製造装置メーカーの標準品としてダイヤモンドピンセットが採用された事例

ダイヤモンドピンセットに切り替えるメーカーが増える中、

より安価なダイヤモンドピンセットが求められていました。

             ⇩

テクダイヤは従来品より約30%安価なダイヤモンドピンセットを提供

             ⇩

評価において、寿命、品質、価格で従来品に優るテクダイヤの

ダイヤモンドピンセットは、水晶デバイスメーカー各社にご満足いただきました。

             ⇩

水晶デバイス製造装置の大手メーカーに標準品として

採用いただき、更なる装置への展開も検討いただいています。

加工済みIMG_7030

ポイント

テクダイヤは金属加工、ダイヤモンド加工、接着など、

全ての工程をセブ島の自社工場で行うため、短納期かつ低価格なものづくりが可能です。

加えて、海外での量産技術の確立により、約30%のコストダウンを実現することができました。

最後に

水晶デバイス製造装置に取り付けられるピンセットも、水晶デバイス製造のコスト削減に大きく関わります。テクダイヤでは、水晶デバイスの小型化に合わせて、ピンセットの小型化なども進めていく予定です。ダイヤモンドピンセットの切り替えをご検討の際には、ぜひご相談ください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)