新入社員がいきなりテレワークをしてみた -人との関わり方編-

在宅勤務になって社員の方々と関わる機会が少なくなるという心配に対して、
入社一年目の私からみたテクダイヤの試みを紹介していきたいと思います。

オンラインゲームの定期企画でむしろ楽しくなった?!

就活の時に「人」を大切な基準としていた私は、入社する前からずっとテクダイヤの楽しそうなイベントでの先輩社員や同期との交流に憧れていました。

ところが、4月に入り、在宅勤務に切り替わったため、先輩方々とも同期とも顔を合わせられない日々が続いています。

そんなとき、「GWにオンライン脱出ゲームを企画してるんだけど一緒にやらない?」と先輩社員から声をかけていただきました。

メンバーは、管理部の8年目、1年目と、技術部の6年目、5年目、4年目たちと、営業部の3年目といった感じで、普段業務の関わりのない方も多かったです!

 

当日は、みんなで音声通話をしながらプレイすると思っていましたが、通話に出たらみんな顔が映っていて、まさかのビデオ通話でした。

先輩社員方々の部屋着姿や、背景に映っている部屋が見られて、なんと家族も続々と登場してきました~!

慌てて化粧して、挨拶もしたら早速ゲーム開始。二つのチームに分かれていましたが、終了時間になったときはどちらのチームも納得いかない状況でした。私もあと2分で解けそうな謎があって、悔しかったです。

そこで、「もうちょっと解きたい!!」と先輩方々が言ってくれて、「じゃもうちょっとやろうか!」となり、二つのチームで一緒に話しながらみんなが納得いくところまで解きました。そして答えを見たときみんな悔しい!!と叫んでいました。

「悔しいけどめっちゃ楽しかった!」とみんな言っていて、自然と次の週末のゲームの企画も始まりました。それからは毎回違うゲームの企画があり、来週末には四回目の企画が予定されています。

 

先輩社員との距離が縮んですごくうれしかったですし、謎解きゲームにはまって在宅の楽しさも一つ増えました~!
MicrosoftTeams-image (4)

(オンライン脱出ゲームで無事脱出成功)

SNSの活用で在宅を楽しむ

個人の事情で入社を1月にずらして頂いたおかげで、実は私は約三か月間通勤していました。在宅勤務になってからはいつも一緒にお昼食べているメンバーと自然とたまにビデオ通話しながら「一緒にランチ食べる」ことになりました。

そして、ビデオミーティングでは、上長をはじめ、通話の背景を変えて「○○さん宇宙にいるんだね」と笑うときもありました。

ちなみに、今は所属している部門のオンライン飲み会企画中で、上長と先輩たちは「いつでもいいよ!」と言ってくれています。

通勤に戻るのも楽しみですが、今のうちに在宅でしか楽しめないことも思い切り楽しみたいなぁと思う今日この頃です。

また、私の場合ですが、顔を見れない分、社内SNSやブログを読むのが楽しくなって、投稿の履歴をチェックして「この方ってこんな面白いことしてるんだ!」と思うことが結構あります。

顔は見れないですが、テクダイヤではみんなと関わる形式が変わっただけで、風通しのよさや距離の近さは変わらないと思いました。

 

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)