テクダイヤに決めた理由 -海外留学経験あり、文系大卒編‐

今回は、海外留学経験あり、上昇志向強め文系大学卒、テクダイヤに魅せられた(?)の新入社員の目線から、テクダイヤに入社を決めた理由をご説明させて頂きます!

1. 日系モノづくりメーカーで働きたい

二年間の北米での留学経験から、日本人のアイデンティティがとても強くなりました。日本の強みは高い技術力、自社で作ったものに誇りを持ってビジネスがしたい、という思いを胸に、文系ながらメーカーへの就職を希望して就職活動をしていました。

そんな中、参加した企業説明会で社長の言葉に心を打たれました。テクダイヤにはもっと実現したいことがある、「こうしましょう」を実現できる社員を探している!というお話をしていただきました。日本で磨いてきた技術力を基に、さらに新たなことへ挑戦する強いパワーを感じました。

技術ブログ川瀬1

2. グローバルに活躍する機会は自分で掴みとりたい

帰国後は、自分の海外経験を活かしたいという情熱で燃えていました。しかし、多くの企業の選考では、「海外に行くには5年はかかる」「まずは現場から学んでもらう」など厳しい現実を突きつけられました。

テクダイヤには、自らで海外へ出向く機会を作ることが許される環境がありました。実際に若手のうちから海外で活躍する社員も多く、自分次第でチャンスを生み出せると聞きました。また、日本国内でも多国籍な社員が働いており、様々な文化背景を持った人たちと協働できます。テクダイヤの仕事場そのものが、自分の求めているワークスタイルと一致しました。

技術ブログ川瀬2

3. テクダイヤ社員の皆さんと働きたい

社長を含め、全ての社員の方々の人柄に惹かれ、一緒に働きたいと思いました。特に、面接や懇親会でお会いした方は、皆さん口を揃えて「働くのは楽しいよ」と言っていたのが印象的でした。次の目標を明確に持って、日々仕事に取り組んでいる、というお話を聞いて、合理的に行動することが好きな自分には合っているのかもしれないと感じました。

そして、アットホームな社風が最後の決め手となりました。私はテクダイヤから内定を頂いてからも、就職活動をやり切りたい思いから面接を受け続けていました。その間にも、何度も内定者懇親会に呼んでいただき、別れ際には「就活頑張ってね!」と社長や人事の方が手を振ってくれました。こんなに人を大切にしてくれる会社は他にあるのだろうか、と驚いたのを覚えています。この人たちの下で働きたいと強く思い、内定を承諾させていただきました。

以上が、私がテクダイヤに入社を決めた理由です!色々と悩み、時間をかけて決断しました。内定承諾の連絡をした際には、社長自らメッセージを頂き、この会社に決めて良かったと心から思いました。

 

就活生の皆さん、新型コロナウイルスで、制限の多い就職活動かと思いますが、悔いのないように頑張ってください!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)