海外の就職活動 ~カナダ人である私の体験談~

海外の大卒の就職活動は、最初、会社には訪問しません。インターネットで企業に申請します。会社側は申請書を読み、気になった学生を呼び、面接を行います。

しかし、海外に新卒採用システムは普及していません。海外の会社は、就業経験者を優先に採用します。つまり、就業未経験の新卒は不利な立場にいます。経験を得るため仕事を探したいけど、初仕事がなかなか手に入りません。では、海外の新卒はどのように採用されるのでしょうか。

インターンシップ

卒業する前に、就業経験を得る機会があります。それはインターンシップです。日本にもインターンシップがありますが、海外のインターンシップは4-16ヶ月ぐらいです。会社に通い、働きます。実際に本当の仕事経験ができます。

私は日本のJFEスチールに8ヶ月間インターンシップとして働きました。そこでの経験や勉強したことを生かして、テクダイヤでの仕事に役立てています。

ネットワーキングイベント

面接を得るチャンスを高くするために、ネットワーキングイベントに参加する方法があります。そのイベントは、現在会社で働いている人と交流して、自分をアピールします。そうすれば、インターネットの申請だけでなく、顔も覚えてもらうことができます。

インターネットでの交流

会社の採用サイトで仕事を探すだけでなく、Linkedinを通じて、会社の社員と交流ができます。

 

まとめ

以上のような方法は海外だけに用いられているのではなく、日本での就職活動に用いられます。ネットワーキングイベントも増やし、Linkedinの使用人数も増えてきています。テクダイヤにもLinkedinのページがありますので、私たちをフォローをしてください!▷https://www.linkedin.com/feed/update/urn:li:activity:6683659783767150592

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)