赤血球をつかまえるテクダイヤの穴あけ加工

 

今まで誰もやってない事をやりたい。

という事で、業界最小径のノズルを作った。
これが、その穴。(仕上げ済)

 

バリ

※現在取り扱っているノズル最小径は30μmです

 

物凄くシビアな微細世界。

大きい穴では、考えもしなかった温度環境や振動。

そして、スピンドルの伸び。

穴あけするまで、幾度となく折ったドリル。

中には、ドリル焼嵌め時に接触して折れ、

そのまま気づかずに加工していた事もあった。

 

 

そう。

よくよく考えてみれば、10µmは物凄く小さかった。

 

 

スギ花粉(30~40μm)

スギ花粉

※出典:http://www.technex.co.jp/tinycafe/discovery10.html

 

赤血球(6~8μm)

赤血球

※出典:http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~deno/my_hp/scanningEM.html

 

 

大体赤血球が1個通るぐらいの穴。

 

赤血球1個だけ出したい。そんなマニアックな企業いませんか?

※くれぐれも花粉が飛んでいない場所での使用をお勧めいたします。笑

 

 

。。。ちょっと待て!

これ、売れるのか!?汗

おススメ関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)